京都光華女子大学 健康科学部 医療福祉学科 社会福祉専攻 ニュース 社会福祉士ってなんだ? それは3K―感謝・感激・感動-の仕事! -特養・生活相談員~包括~修徳ふれあい食堂の例から、熱く教えていただきました!!-

ニュース

社会福祉専攻の学び

社会福祉士ってなんだ? それは3K―感謝・感激・感動-の仕事! -特養・生活相談員~包括~修徳ふれあい食堂の例から、熱く教えていただきました!!-

5/29(火)、実習施設としてもお世話になっている「修徳」からO部長に来ていただき、ご自身のご経験や幅広い実践から、「社会福祉士」の仕事について、また果たしている意義について、熱く語ってくださいました!

 

O部長は、長く高齢者福祉施設で勤められ、
いまは管理職をされています。

 

ですので、非常に幅広い実践経験と、ご自身が悩み考えながらこられた歩み、両方お持ちです。

学生の心に残る響く言葉をいつくも贈ってくれました。

 

ここで紹介しきれませんが、
1つ挙げると、福祉の仕事は3Kと言われ、ネガティブなイメージが持たれがち。しかし、この3Kは、「感謝」「感激」「感動」の3Kなのだということでした。

 

この仕事をしなければ出会えなかった方と出会い、感謝感激感動を共有する社会福祉の仕事、まさにその通りです!! この3Kがこれから広がっていけばいいなと思いました。

 

修徳では、いわゆる子ども食堂も展開しています。隣接する児童館と協力し、月に1回、「修徳ふれあい食堂」を開催、学生ボランティアの力も活かされているとのことでした。本学学生も多数活動に行っています。

 

食堂は、施設と学外をつなぐ交差点のような存在。施設の地域貢献も叫ばれている中では、1つのモデルかもしれません。

これからの学びに、たくさんの動機付けをいただきました。O部長、どうもありがとうございました!!

 

<参考URL>

https://www.e-caretown.com/26/shuutoku/index.html

 

☆彡社会福祉専攻のHPはこちら
  https://www.koka.ac.jp/welfare/