ニュース

こども食堂

7月の「西院おいでやす食堂」レポート♪

毎日、40度近くになる京都では、
子どもたちが外で遊ぶなど、とてもできません💦

7月20日(金)の「おいでやす食堂」も、ベランダ開放はなしで、室内で過ごすようにしていました。

でも、こんな時だからこそ、
読み聞かせや折り紙、ゲームなど大人も関わりながら、
子どもたちが集まり、存分に遊べる空間は大事かもしれません。

この日も100名を超える参加があり、
元気に遊ぶ子どもたちの姿が見られました(^^)

ただ今日は、おいでやす食堂始まって以来、はじめて、光華生がいない運営でした。
試験期間に入り、ボランティアには出にくい時期です。
来月も帰省等々により、
ボランティア参加が難しい月です。

不確実性がどうしてもあるのがボランティアとはいえ、
学生が弱みな部分で申し訳ないところです。
そこを織り込んだうえで、
他のボランティアスタッフの皆さんが補いあって乗り切っておられます。

ボランティアの弱みをカバーし、強みを生かし、
組織運営に参加してもらう方法のことを、
「ボランティアマネジメント」と呼びます。

普段、楽しく参加させてもらっているボランティアですが、
こういう月の食堂運営を通じて、
ボランティア参加の奥深さ、難しさも実感しています。

来月も第3金曜の晩にあります。
最寄りの方は是非足を運んでみてください♪

 

☆彡社会福祉専攻のHPはこちら
  http://www.koka.ac.jp/welfare/