ニュース

社会福祉専攻の学び

里親さんから、お話を伺いました!

11/7の「社会的養護内容」では、
実際に里親をされている方から、一緒に暮らしてみての
体験や思いを伺いました!
学生たちにとって、里親さんと出会い、リアルな話を聞くのは生まれて初めてです。
 「そんな感じで子どもがやってくるんだ」
 「実子さんとそんな風に接しておられるんだ」
 「家族で協力して受け入れておられるんだな」
 「支えてくれる専門職がいるんだな」
1つひとつが新鮮で、とても刺激を受けました。
ゲストスピーカーの方からは、
日本では、里親をしていることをあまりオープンにしない傾向があるのではないか? と、
投げかけがありました。
里親が増えない一因ではないかと。
こうした課題をどうすればいいのか? は、
もうすぐ社会に出て、
福祉専門職として働く学生にとって、
ともに一緒に、考えていく課題になっていくと思います。
今後、社会的養護の1つの軸となっていく里親。
理解が深まった貴重な授業となりました。



☆彡社会福祉専攻のHPはこちら
  http://www.koka.ac.jp/welfare/