ニュース

社会福祉専攻の学び

「福祉とビジネスの交差点」

本日の「地域福祉」の授業に、滋賀県栗東市で活躍されている特定非営利活動法人HUB’s理事長の林正剛氏にお越しいただき、障害者就労支援をを軸とした「福祉とビジネスの関係」について、ご自身の活動を中心にご講義いただきました。
 林氏は「福祉に関心を持っていない人たちに、どうすれば福祉に関心を持ってもらえるか、そこを仕掛けていくことが自分の仕事」として、誰もが関心のある課題を誰でも参加できる仕組み(ビジネス)を作って解決するプロジェクトに、数多く取り組まれています。そうしたプロジェクトを通して、障害者と高齢者や子どもたち、そして福祉に関心がなかった人たちが出会い、その結果みんなが「福祉は身近なものだ」と気づくようになっていくとのことでした。
 「こうした活動は自分自身も楽しむことが大切。活動中はいつも笑顔。」という林氏のモットーに、学生たちも私もとっても感銘を受けました。
 林さん、講義中も笑顔を絶やさずお話くださり、本当にありがとうございました!!


☆彡社会福祉専攻のHPはこちら
  http://www.koka.ac.jp/welfare/