トップページ > 平成28年度活動記録(京都三条会商店街様)

平成28年度活動記録(京都三条会商店街様)

2017.03.31

京都光華女子大学短期大学部こども保育学科は、三条会商店街を会場として「子育て支援・光華こどもひろば」を数年前より実施して参りました。平成24年にキャリア形成学部が参画し、参加対象をファミリー層に拡げた「寺子屋事業」として拡大致しました。その活動は「大学地域連携創造・支援事業(愛称:学まちコラボ事業)」に採択され、3年間連続で活動して参りました。新規メンバーの募集と活動を専門的に発展させるべく産官学連携プロジェクト科目にて実施するに至りました。

【三条会商店街が提示するミッション】

1.三条会寺子屋の有効活用

2.近隣住民の交流

3.商店街の発展

【各回の授業内容】

1.オリエンテーション

2.地域の現状把握とチームビルディング   (理事長との座談会)

3.現地訪問

4.地域現状の再検討と課題発見       (外部講師)

5.地域課題の事例研究:京都市の事例    (外部講師)

6.課題解決案の検討

7.地域課題の事例研究(他府県の事例)      (外部講師)

8.課題解決案の見直し

9.活動計画書の作成

10.活動計画書の発表                                               (学まちコラボ審査会)

11.地域交流活動の準備

12.地域交流活動

13.地域交流活動の改善

14.活動報告のまとめ

15.活動報告と総括

【取組成果を高める過程と取り組みによる受講者の能力向上過程】

前期開講科目ですが、学まちコラボ事業選考会で採択された場合は、年間を通しての活動になることを伝えて参りました。結果、学まちコラボで採択され、後期は自主的な集まりとして毎週お昼休みにミーティングを15回、現地での交流活動を9回実施することができました。

夏休みの初回交流活動には11名(内、履修生は7名)が参加しており、後期の毎週ミーティングも4~9名が集まっておりました。学生の主体的な活動として、地域の方との交流活動を実践し課題解決能力の育成につながったと考えます。

平成28年度活動記録(株式会社 京都西川様)

2017.03.31

 

本科目は株式会社 京都西川(以下、「京都西川」と表記)と連携し2012年から学Boooの活動の一つとして取り組んでおりましたが、2014年後期から産官学連携プロジェクトとして正科目化されるに至りました。

【京都西川より提示されたミッション】

1.働く女性のための寝具企画(商品企画チーム)

2.サクラフィール、キレイアシストの販促宣伝物の企画(販促宣伝企画チーム)

【各回の授業内容】

1.活動概略の説明

2.京都西川 本社訪問(初回)

3.京都西川 本社訪問(2回目)

4.企画コンセプト再検討(商品企画チーム)/販促宣伝物の機能整理(販促宣伝企画チーム)

5.企画デザイン案検討(商品企画チーム)/販促宣伝物デザイン案検討(販促宣伝企画チーム)

6.企画デザイン案素材検討(商品企画チーム)/販促宣伝物コピー案検討(販促宣伝企画チーム)

7.企画案に対し京都西川社員の方からアドバイスをもらう

8.企画案決定

9.企画案チェック

10.商品企画案デザイン発注

11.活動報告資料作成

12.サンプル試作チェック

13.京都西川 本社展示会見学

14.活動経過のまとめ

15.学内活動成果報告会

 

 

【取組成果を高める過程と取り組みによる受講者の能力向上過程】

今回からは、京都西川 企画部の若手社員の方々と交流しながら取り組みを進めました。

学生は年齢の近い社会人と接することで、企画を進める上での様々な疑問点を気楽に聞け、

社会をより身近に感じることができたのではないでしょうか。

(商品企画=試作品2種、販促宣伝物=2種)

右京区まちづくり支援制度活動報告

2017.03.24

 

3月22日にサンサ右京(右京区役所)にて行われた「右京区まちづくり区民会議」において、

今年度の「右京区まちづくり支援制度」に採択され、事業に取り組んできた6団体が

ポスターセッション形式による活動報告を行いました。

参加者は各団体のポスターを自由に見て回り、質問をしたり感想を述べながら交流を深めました。

平成28年度 特別公開講座のご案内

2016.10.27

日 時/11月12日(土)14:00~15:30 (13:30開場)

※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

会 場/京都光華女子大学 徳風館6階小講堂(予定)

テーマ/『熊本震災から学んだこと~人と人のつながり~』

・講 師:磯田 正二 氏(京都大学名誉教授)

・内 容:

日本だけでなく、中国や台湾の地震にも関わりがある熊本県ご出身の講師が、自らの震災経験を通して

感じられた、人と人とのつながりの重要さについて、皆さんと一緒に考えたいと思います。

 

申込方法:お電話にて、お名前・お電話番号をお知らせください。

申込期間:定員になり次第、受付終了

受付時間:平日9:00~16:00(土日祝、学休日を除く)

お申込み・お問合せ:地域連携推進センター TEL 075-325-5259

アクセス:市バス、京都バス、京阪京都交通バス「光華女子学園前」下車

阪急京都線「西京極駅」下車、北へ徒歩7分 ※お車でのご来場はご遠慮ください。

平成28年度 秋期公開講座のご案内

2016.09.13

日 時/10月29日(土)14:00~16:30 (13:30開場)

※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

会 場/京都光華女子大学 徳風館6階小講堂

定 員/160名(要申込)

テーマ/『地球環境問題』

≪第一部≫「地球環境クライシス~未来のエネルギーを考える~」

・講 師:高野 拓樹 氏(本学地域連携推進センター長 環境教育推進室長)

・内 容:

「原発を再稼働させるか否か?」この問題は電力会社と地域住民との裁判にまで発展し、裁判官でも意見が対立する状況です。未来のエネルギーとして私たちは何を選択するべきなのか?本講演では、このエネルギー問題を地球環境問題の側面からメスを入れ、ご来場の方にアンケート方式で意見を伺いながら進ていきます。

 

≪第二部≫「異常気象と私たちの生活~お天気お姉さんの天気予報~」

・講 師:西池 沙織 氏(南気象予報士事務所 元テレビ放送局天気担当)

・内 容:

ここ数年、「観測史上最高」という言葉をニュースや天気予報で耳にしますが、いったい私たちの生活はどうなってしまうのでしょう。本講演では、人気テレビ番組」のお天気コーナーを担当してきた気象予報士 西池沙織さんによるお天気の解説とテレビのお天気コーナーの経験などをお話します。

H28秋期公開講座(PDF)

 

申込方法:お電話にて、お名前・お電話番号をお知らせください。

申込期間:定員になり次第、受付終了

受付時間:平日9:00~16:00(土日祝、学休日を除く)

お申込み・お問合せ:地域連携推進センター TEL 075-325-5259

アクセス:市バス、京都バス、京阪京都交通バス「光華女子学園前」下車

阪急京都線「西京極駅」下車、北へ徒歩7分 ※お車でのご来場はご遠慮ください。

平成28年度 夏期公開講座のご案内

2016.07.05

テーマ「日本のデザインは、関西人のDNAがつくった!」

■講 演/「デザインから見る、京都・大阪・東京 三都ものがたり」

■日  時/7月9日(土)14:00~16:00 (13:30開場)

※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

■会  場/京都光華女子大学 徳風館6階小講堂

■定  員/160名(要申込)

■講 師/井川 啓(本学 短期大学部ライフデザイン学科教員)

■概 要/琳派が京都でデザインの礎をつくり、商都大阪では、壽屋(サントリー)、松下(パナソニック)、 阪急などのデザイン活動が日本をリードした。東京で生まれた「無印良品」「東京三菱UFJ銀行」などのブランドや広告デザインは、関西出身のデザイナーの手による。関西復権は、もしかしたら関西人のもつデザイン力が原動力になるかもしれない。デザイン発展の歴史を見ながら、その可能性を考える。 見たことのある、聞いたことのある宣伝やCMが見られるかも…。

 

テーマ「安心して暮らすための『福祉の仕組み』」

■日  時/6月25日(土)14:00~16:30 (13:30開場)

※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

■会  場/京都光華女子大学 徳風館6階小講堂

■定  員/160名(要申込)

■1 部/講演「安心して過ごせる長寿社会-介護保険のしくみ-」(14:00~14:45)

■講 師/京都市保健福祉局長寿社会部介護保険課担当課長

■概 要/介護保険制度の概要や、具体的な制度・サービスの利用について分かりやすく解説していただきます。

 

■2 部/シンポジウム「今、大切なのは『つながること』」(15:00~16:30)

■シンポジスト/佐々木勝一・南 多恵子・岡野 弘美(本学医療福祉学科社会福祉専攻教員)

■進 行/石井 祐理子(本学医療福祉学科社会福祉専攻教員)

■概 要/各シンポジストより、高齢者分野をはじめ、障がい者、児童など、様々な分野における現在の

課題を紹介しながら、社会福祉専門職養成を進める本学教員の現地や地域に期待する思いを紹介

します。

 

申込方法/お電話にて、お名前・お電話番号をお知らせください。

申込期間/定員になり次第、受付終了

受付時間/平日9:00~16:00(土日祝、学休日を除く)

申込先 /京都光華女子大学 地域連携推進センター ☎075-325-5259

2016年1月19日 最終発表会

2016.01.19

中間発表会でのマロニーオリジナルレシピの取り組みをベースに、社員の方々へ向けて新商品企画案3点をプレゼンし、コメントをいただきました。

受講生の経験や主観に基づく提案が多い中で、社員の方より、多様な側面(マロニー社での過去・現在の製造・販売の状況、他社業界の商品の特徴、顧客志向、季節変動など)から企画案の裏付けとなる事実・根拠についてコメントいただきました。
また、新商品企画案の中には過去に販売された商品に近い案や、現在検討中の商品に近い案もあるとのことでした。先方からのコメントを通じて、商品企画案の提案時に必要な情報は何かを学んだと同時に、自分たちの企画案とマロニー社が検討されている新商品の方向性との接点に、受講生たちの自信につながったようです。

限られた時間の中でチーム内で時間調整し、最終発表会前日は夜遅くまで発表に向けて準備した受講生たち。この努力の源も、連携先であるマロニー社へ少しでも良い提案をしたいという意欲によるもので、こうした学習機会を与えてくださったマロニー社に大変感謝いたします。

 

2015年12月1日 マロニー社への中間発表

2015.12.01

マロニー社の社員の方々に、個人およびチームで考案・試作した、マロニーのオリジナルレシピについてスライドと配布資料を用いて中間発表を行いました。受講生のレシピについて、素材、調理過程、味、盛り付けの仕方など、多様な面で社員の方々から質問・コメントをいただきました。

また、マロニーおすすめレシピなどを社員の方々に質問し、詳しくお話を聞かせていただきました。発表後、今後の新商品企画の要件や方向性をご提示いただきました。

オリジナルレシピの考案・試作により、受講生はさらにマロニー商品について学ぶことができたと思います。この体験をベースに、マロニー社らしい新商品企画を考案・調査のうえ、マロニー社の社員の方々にご提起できればと思います。

特別公開講座 テーマ:「育つ心・育てる心」

2015.11.14

本学が企画する公開講座です。(聴講無料) 多様なプログラムが毎年用意され、広く一般に公開されております。
本学の研究者や、本学に関わる関係者の日頃の研究成果をどうかあなたの生涯にお役立て下さい。

※終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

 

★ 11月14日(土) テーマ:「育つ心・育てる心」

≪ 講 演 ≫
1 部   :「のびやかな心を育てる・・・幼児~小中学生へ」
■ 時 間 :14:00~16:30(13:30開場)
■ 講 師 :徳田 仁子(本学健康科学部心理学科 教授)
■ 概 要 :育つ心(発達)の土台は、母子関係の絆を元に、幼児が「これが自分」と感じる自我の核にあります。
幼児期には、遊びの中で「のびやかな心」をいかに育てるかがポイントです。
スクールカウンセラーとして子どもたちが「のびやかな心」を取り戻す過程の相談に携わってきた経験や、親子教室と学校での相談活動の中での体験をお話しながら、「のびやかな心」を育てるポイントをみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

 

2 部   :「思春期・青年期の心・・・出会いのコミュニケーションをとおして」
■ 講 師 :藪添 隆一(本学健康科学部心理学科 教授)
■ 概 要 :思春期・青年期は「自己との出会い」の時期です。「わたしはだれ?」という疑念がでてくるのも思春期・青年期であり、敏感な若者ほど、「わたし捜し」のための心の旅に出かけます。
教師として思春期・青年期の心の旅に同伴するカウンセリングを学び、後に教育委員会で学校からの相談に応じる仕事をし、いわば「心の旅の案内業」で経験したことをお話して、出会い経験とコミュニケーションについて、みなさんと考えたいと思います。

 

■ 会  場 :京都光華女子大学 徳風館6階 小講堂
※お車でのご来場はご遠慮ください。
■ 募集定員 :160名(先着順)
■ 申込方法 :お電話にて、お名前・お電話番号をお知らせください。
■ 申込期間 :定員になり次第、受付終了
■ 受付時間   :平日9:00~16:00(土日祝、学休日を除く)
■ お申し込み・お問い合わせ先:地域連携推進センター
TEL/075-325-5259   FAX/075-325-5287
E-mail/chiiki@mail.koka.ac.jp  URL/http://www.koka.ac.jp

高知県公立高校にて出張講義を行いました

2015.11.12

koudai05 koudai06

11月12日、高知県公立高校にて開催された講義「大学での学びを体験しよう」に、こども保育学科梅岡さと江教授と看護学科玉里八重子教授が講師として参加しました。
この講義は、大学の授業を体験し、大学で学ぶイメージを持つことや、自らの将来設計について積極的に取り組む姿勢を育てることを目的に開催されました。

 

梅岡教授の講義「保育と生活科はつながっている?」では、保育・幼児教育と小学校生活科のねらいや内容のつながりについて、いろいろな活動事例を紹介することで、教員の立場になって保育・教育を考える機会を持っていただきました。

 

玉里教授の講義「生まれた赤ちゃんの発育について」では、胎児からの成長や誕生後の子どもたちが父親や母親を認識していく過程を学び、その過程で看護師がどのように関わっていくのかを、実物大の新生児モデルを用いた体験学習を含めて説明しました。さらに、脈拍測定や聴診器の使い方などといった看護技術の演習を行い、看護とはどういうものなのかを伝えました。

今回の講義を通して、高校生のみなさんが大学生になった自分をイメージし、進路決定に役立てていただけると幸いです。

この度は本当にありがとうございました。

3 / 1212345...10...最後 »

pagetop