大学

健康栄養学科 管理栄養士専攻

栄養学の専門家として人々の
健康に寄与する管理栄養士を目指す

給食施設や病院での臨地実習により、確かな知識と実践的な技術を身につけます。食と栄養の専門職として社会で活躍できるよう、国家試験合格を目指します。

学びのポイント

  • 学びPoint

    健康保持・増進に貢献できる思いやりのある管理栄養士を目指す

    管理栄養士は食や栄養の専門家として国民の健康を支える職業です。専門職として社会に求められている役割を理解し、思いやりにあふれた管理栄養士を目指します。

  • 学びPoint

    確かな知識と技術に基づき、臨地実習で実践力を養う

    食品や人の健康についての知識、調理技術はもちろん、ライフステージや病態に応じた栄養管理の知識・技術を身につけます。さらに、給食施設や病院での臨地実習によって献立作成、栄養マネジメント、栄養指導、課題分析などの実践力を養います。

  • 学びPoint

    国家試験合格に向けた充実のカリキュラムと個別のサポート

    1年次より一人ひとりに寄り添った指導を開始します。個別指導によって苦手分野の分析・克服を密に行い、基礎学力の定着を徹底。定期的な模擬試験で到達度を把握しながら学習を進め、国家試験合格に向け丁寧にサポートします。

  • 学びPoint

    健康保持・増進に貢献できる思いやりのある管理栄養士を目指す

    管理栄養士は食や栄養の専門家として国民の健康を支える職業です。専門職として社会に求められている役割を理解し、思いやりにあふれた管理栄養士を目指します。

  • 学びPoint

    確かな知識と技術に基づき、臨地実習で実践力を養う

    食品や人の健康についての知識、調理技術はもちろん、ライフステージや病態に応じた栄養管理の知識・技術を身につけます。さらに、給食施設や病院での臨地実習によって献立作成、栄養マネジメント、栄養指導、課題分析などの実践力を養います。

  • 学びPoint

    国家試験合格に向けた充実のカリキュラムと個別のサポート

    1年次より一人ひとりに寄り添った指導を開始します。個別指導によって苦手分野の分析・克服を密に行い、基礎学力の定着を徹底。定期的な模擬試験で到達度を把握しながら学習を進め、国家試験合格に向け丁寧にサポートします。

取得可能な資格・免許状

管理栄養士(国家試験受験資格)

栄養士

栄養教諭一種免許状

健康運動実践指導者(受験資格)

フードスペシャリスト(受験資格)

フードコーディネーター(3級)

第30回 管理栄養士

国家試験合格率

94.2%

※合格者65名/受験者69名
(2016年3月卒業生実績)

授業紹介

食品学実験Ⅰ

食品分析に関する技術を習得し、実験を通して食品の構成成分(糖質、たんぱく質、脂質など)や食品の物性に対する理解を深めます。また、食品成分の分離や加工についても学びます。

栄養教育論Ⅰ

栄養学、カウンセリング理論、行動理論、表現力、応用力などを幅広く学び、「伝える力」を養います。併設の光華小学校と連携して小学生向けの食育を行い、現場での実践力を身につけます。

臨床栄養学実習Ⅰ

臨床栄養学で学習した理論に基づき、実際に治療食の献立作成や調理を体験します。栄養補給だけではなく、食事の満足度も考慮した栄養食事療法について理解を深めます。

実習の流れ

SWIPEしてご覧ください

調理技術と食品の特性を学びます

基本的な調理技術を学ぶとともに、食品の特性や衛生的な扱いなど、調理学・食品学・食品衛生学の基礎について体験を通じて習得します。

POINT

調理や献立作成には、まずそれぞれの食品の栄養価や機能をきちんと知ることが必要です。1年次のうちに基礎力をつけ、実習に備えます。

献立力を高めます

大量調理に向けた調理技術の応用能力を養います。また、栄養学の理論を基に、一人ひとりに必要な栄養を献立に表す力を身につけます。

POINT

大量調理には、栄養や見た目だけでなく調理効率の考慮も重要。実際にその必要性を体感することで、あらゆる面から栄養について考える力が身につきます。

事業所や病院などの給食施設で管理栄養士の実務を体験

臨地実習(給食/臨床)では、大量調理技術や病態に応じた栄養管理の実際について理解を深めます。

POINT

栄養管理・栄養指導時には、まず相手との信頼関係を構築することが大切です。実務体験を通して、心身ともに支えることができる管理栄養士を目指します。

公衆栄養に関わる管理栄養士の実務を体験

保健所での臨地実習を通して、地域の人々の健康・栄養の現状を知り、管理栄養士が果たす役割や業務を理解します。

POINT

授業で学んだ知識や技術が、社会の中でどう生かされているのかを現場での実習を通して学びます。管理栄養士として実際に働く姿をイメージできます。

主な実習先

臨地実習I(給食施設)

  • 京都市柊野特別養護老人ホーム
  • 京都市小川特別養護老人ホーム
  • 京都老人ホーム 清水苑
  • たちばな保育園
  • たんぽぽ学園
  • その他事業所給食、学校給食施設 など

臨地実習II・III(病院)

  • 京都大学医学部附属病院
  • 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 大阪医科大学附属病院
  • 京都第一赤十字病院
  • 洛和会音羽病院
  • 松仁会内田病院
  • 誠光会
  • 草津総合病院 など

臨地実習IV(行政)

京都府内の各保健所または京都市内の各保健センターで行います。

京都府

京都府管内地域(丹後・中丹・南丹・乙訓・山城)の各保健所(5カ所)

京都市

京都市内の各保健センター
(11~14カ所)

国家試験に向けたサポート

国家試験対策プログラム管理栄養士

SWIPEしてご覧ください

1年次から、さまざまな授業を通じ、自ら学ぶ力と学習習慣を身につけていきます。
定期的な到達度確認と、学生一人ひとりに合わせた学習サポートにより、確かな合格力を養います。

活躍する卒業生

在学中の多彩な現場体験が、
患者さんに対する信条を
形作りました。

高校時代の部活動で、自分たちで食事管理を行っていたことから栄養と運動に興味を持ち始めました。そんな中で祖父の脳梗塞を経験し、食事次第で病気を防げたのではないかと考え管理栄養士を目指すように。在学中の病院実習では患者さんと接する機会もあり、食事に対する思いや病気への不安を伺ううちに、栄養指導を行うだけではなく「心に寄り添える管理栄養士」になりたいと強く思い、現在も私のモットーになっています。また、学生時代に、アメリカ海外研修や新入生研修スタッフなど幅広く活動してきたことで、チャレンジ精神が培われました。この経験を生かし、これからも努力を重ねて成長し続けます。

医療法人清仁会 洛西シミズ病院
栄養科 管理栄養士
健康科学部 健康栄養学科 管理栄養士専攻 2014年度卒業
(滋賀県立 大津高等学校出身)

就職

2017年3月卒業生実績
(4月現在)

主な就職先(過去3ヵ年の実績)

(株)伊藤園 / 日清医療食品(株) / (株)たねやグループ / 中日本フード / (株)ロマンライフ / (株)ファンデリー / 京都府医科大学附属病院 / 洛西シミズ病院 / 済生会 滋賀県病院 / 医療法人 錦秀会 / 学校法人 大阪医科薬科大学 / 西本願寺保育園 / 社会福祉法人 八起会 / 京都市教育委員会

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

齊藤 曜子 講師

おもいやりの心で社会を支える
管理栄養士を育てます。

実践力のある管理栄養士に育てるため、併設小学校や地域との連携など実践の場を多く設けています。現場で自ら考え、課題を解決し乗り越える力を着実に身につけていきます。確かな知識と技術を持った思いやりにあふれた管理栄養士になれるようサポートしています。

H.Rさん 3年生
大阪府立 香里丘高等学校出身

さまざまな視点から
食と栄養について理解を深めています。

病院で働く管理栄養士を目指し、食品や調理だけでなく、体のしくみについてや保健所での食品衛生についてさまざまな面から学んでいます。グループワークや、実践的な実習が多いので楽しみながら学べ、学んだ知識を実践に生かせるので理解が深まります。