大学

こども教育学科 幼児教育コース

子どもに寄り添い、
豊かな感性を育む保育者へ

幼稚園と保育所の一元化への動きに対応できるよう、複数の資格・免許取得を目指します。豊富な現場体験で実践力を養い、豊かな感性を育む人材を育成。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    「幼稚園教諭一種免許状」と
    「保育士資格」の取得を目指す

    認定こども園の開設や幼稚園における3歳未満児保育など、幼稚園と保育所の一元化への動きに対応できるよう、複数の資格・免許状を同時に取得することを目指します。丁寧なサポート体制で資格取得までを支えます。

  • 学びPoint

    子どもたちの豊かな感性を育む
    各表現領域を総合的に学習

    幼児期は人格形成や生きる力を培う上で非常に重要な時期です。音楽・造形・身体・言葉といった各表現領域を総合的に学習することで、子どもたちの豊かな感性を育むことのできる保育者を養成します。

  • 学びPoint

    理論を実践につなげる
    豊富な現場体験

    併設の光華幼稚園や近隣の協力園との連携のもと、早い段階から子どもたちと接する機会を設定しています。豊富な現場体験を通して実際の保育現場をしっかりと理解し、実践で生かせる力を身につけます。

  • 学びPoint

    「幼稚園教諭一種免許状」と「保育士資格」の取得を
    目指す

    認定こども園の開設や幼稚園における3歳未満児保育など、幼稚園と保育園の一元化への動きに対応できるよう、複数の資格・免許状を同時に取得することを目指します。丁寧なサポート体制で資格取得までを支えます。

  • 学びPoint

    子どもたちの豊かな感性を育む
    各表現領域を総合的に学習

    幼児期は人格形成や生きる力を培う上で非常に重要な時期です。音楽・造形・身体・言葉といった各表現領域を総合的に学習することで、子どもたちの豊かな感性を育むことのできる保育者を養成します。

  • 学びPoint

    理論を実践につなげる
    豊富な現場体験

    併設の光華幼稚園や近隣の協力園との連携のもと、早い段階から子どもたちと接する機会を設定しています。豊富な現場体験を通して実際の保育現場をしっかりと理解し、実践で生かせる力を身につけます。

取得可能な資格・免許状

幼稚園教諭一種免許状

保育士資格

小学校教諭一種免許状

社会福祉主事(任用資格)

授業紹介

乳児保育

乳児(0〜2歳児)と、乳児保育についての基本的な理念、知識、技術を学びます。子どもが生まれるとはどういうことかという点から、子どもの発達(食事・排泄・生活リズムなど)をたどり、それに即した保育内容と環境づくりについて学びます。実践と発表、意見交換を通してより深い知識へとつなげていきます。毎授業、歌を繰り返し歌い、乳児保育の基礎知識を身につけていきます。

保育実習指導Ⅱ

3年次後期に行われる保育実習に向けての事前指導・事後指導を行います。保育指導計画立案、模擬保育などの演習を通じて、保育実践のあり方について理解していきます。事後指導では、実習を振り返って自己評価を行い、報告会で意見を交換し考えを深めます。保育所での保育実習を通して、保育者の働きを学ぶとともに、対象児・者のニーズ把握や関わり、地域における施設の役割を理解し、保育者を志す者としての自身の課題に向き合います。

実習ステップ

1年次

ボランティア

地域の子育て支援の取り組みでもある「光華こどもひろば」などに参加し、子どもと触れ合います。

プレ・インターンシップ

併設の光華小学校・光華幼稚園で授業参観を行います。

2年次

保育士資格

保育実習Ⅰ(保育所・施設)

2年次11月の保育所実習(2週間)では、本格的な保育を体験します。2〜3月には社会福祉施設で10日間の実習を経験します。

3年次

保育士資格

保育実習Ⅱ(保育所)または、保育実習Ⅲ(施設)

3年次11月に実施。保育所実習は2週間、施設実習は10日間行います。

幼稚園教諭一種免許状

幼稚園教育実習Ⅱ(実践実習)

これまでの学びを通して、教員・保育者としての自らの課題を持って、幼稚園で4週間実践的な実習を行います。

3~4年次

教育・保育現場での体験・研修

3〜4年次には学生の興味・関心に応じて、幼稚園・保育所・認定こども園・社会福祉施設などでの体験・研修を重ねます。授業で得た知識を実践と結びつけ、定着させます。

幼児教育コースの実習

保育実習Ⅰ(保育所)2年次11月[2週間]

…大学との実習協力園
[京都府、滋賀県、大阪府など]

保育実習Ⅰ(施設)2年次2〜3月[10日間]

…大学との実習協力施設(児童福祉施設など)
[京都府、滋賀県、大阪府など]

幼稚園教育実習3年次9月[4週間]

…学生の希望を考慮した実習園
[京都府、滋賀県、大阪府、その他学生の出身地での実習も可能]

どちらか選択

保育実習Ⅱ(保育所)3年次11月[2週間]

…学生の希望を考慮した実習園
[京都府、滋賀県、大阪府など]

保育実習Ⅲ(施設)3年次11月[10日間]

…大学との実習協力施設(児童福祉施設など)
[京都府、滋賀県、大阪府など]

資格取得・採用試験合格までのサポート

幼稚園教諭・保育士を目指す

教職・保育職支援センターでのサポート

学科外でも、採用試験に向けた対策サポートを行っています。「幼・保なつ特訓」では、4年生を対象に、模擬保育やピアノ実技、エプロンシアターなどを集中講義で対策。苦手を克服し、実践に生かす力をつけられます。その他、実習に関するガイダンスや相談などを実施し、学生の自主学習を丁寧に支援します。
※エプロンシアターとは、着用したエプロンを舞台に見立てて物語を展開させていく人形劇です。

内定者メッセージ

保育士として、周りと連携し
より良い保育を行えるよう
成長し続けたい。

保育所か幼稚園で働きたいという夢を持って入学。1年生のころから保育所でのアルバイトを経験し、大学の実習やインターンシップで乳児院や保育所・児童館での保育も経験しました。実習を受けていく中で、障がい児保育に興味を持つようになりました。実習先の発達支援センターでは、子どもたち一人ひとり異なる対応が求められます。例えば泣いている子どもでも、一人ひとり泣いている理由は違うので、スタッフの方の対応を見てとても勉強になりました。就職活動では、教職・保育職支援センターやゼミの先生にエントリーシートの添削や面接の練習をたくさんしていただきました。自分のペースで落ち着いて話すと良いというアドバイスはとても役に立ち、本番も焦らず話すことができました。ピアノのレッスンや実習・資格取得など、私たち学生の「やりたい!」という思いをとことん応援してくれる環境はとても魅力的だったと思います。就職後は、大学で学んだ障がい児保育の知識を生かして、発達に課題のある子どもとその保護者に寄り添い、より良い保育を行っていきたいです。

京都市立 保育所に内定 ※ 2019年2月時点
こども教育学部 こども教育学科 幼児教育コース 2019年度卒業
(京都府立 桂高等学校出身)

就職内定率

就職内訳グラフ

保育職 就職77% (37名/就職予定者48名中)

主な内定先

公立幼稚園・保育所(京都市、高槻市、長浜市、守山市、御所市) / 私立幼稚園・保育園 / こども関連企業(ブランシェス(株)、(株)ビックバン文教) / 一般企業(明治安田生命保険相互会社、(株)ラッシュジャパン、ロクシタンジャポン(株))

保育現場と教室の近さが京都光華の魅力の一つ。光華幼稚園は本学と同じキャンパス内にあり、その近さを生かし、大学の授業時間内に幼稚園を見学し、大学の教室に戻ってその体験を振り返ることができます。また大学と幼稚園が密接に連携することによって、1年次から幼稚園のさまざまな行事(運動会や絵画展、毎月の地域開放イベントなど)にボランティアとして参加することができ、幼稚園で日々どのような保育が行われているのか、「保育の流れ」についても経験しながら学ぶことができます。さらに学外実習の際には実習園の一つにもなります。

授業と「光華こどもひろば」の有機的なつながり

保育実習室では保育に関わる授業をワークショップで行っています。創作表現の発表会に園児を招くこともあります。さらに、「光華こどもひろば」を開催する右京区子育て支援の場でもあります。「光華こどもひろば」は月に2回、地域の親子を招き、おもちゃ講座やおたのしみ劇場などを行う活動です。学生はスタッフとして参加し、授業での学びを実践し、再び授業で体験の振り返りをします。保護者との関わりを経験する大切な機会にもなっています。

保育知識を実践したい学生たちが中心となり、「光華こどもひろば」やおもちゃ講座・おたのしみ劇場などの特別企画の開催、右京区ふれあいフェスティバルへの参加など、学内外で活動しています。こうした子育て支援の取り組みや地域住民との交流が高く評価され、平成29年度には京都市より京都はぐくみ憲章※「はぐくみアクション賞」を受賞しました。

※「地域の子どもは地域で育てる」という思いのもと、子どもを社会の宝とする京都の伝統を継承していくために、平成19年に制定された京都市の憲章のこと。その実践のために先進的・ユニークな活動に取り組んでいる団体を「憲章実践推進者」として毎年表彰しています。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

下口 美帆 准教授

自身の豊かな感性を基に
子どもを育てられる保育者に。

子どもの感情表現はさまざまです。学生には豊かな感性を持って子どもたちと接することのできる保育者へと成長してほしいです。本学科は少人数制でサポート制度も豊富です。ピアノや学習面が心配な受験生の皆さんも、京都光華で安心してチャレンジしてほしいと思います。

ピアノレッスンや
実習を通して自身の成長を実感。
子どもと共に成長できる保育者を目指したい。

幼少期にお世話になった幼稚園の担任の先生が大好きで、幼児教育の道に進学。授業では、先生方がそれぞれの分野で専門性の高いお話をしてくださり、楽しみながら知識を深めています。ピアノは苦手でしたが、初めは弾けなかった曲も個人レッスンを通して練習するうちに上達し、成長を感じました。保育実習に行く際には不安もありましたが、先生方が相談に乗ってくださり、実習後も気にかけてくださったことで、安心して取り組むことができました。実習を通して子どもとの関わり方や実習簿の書き方などのコツが理解できるようになったと感じています。将来は、子どもと一緒に自分自身も成長できる保育者になりたいです。

R.Kさん 3年生
京都府立 洛西高等学校出身