大学

健康栄養学科 健康スポーツ栄養専攻

スポーツと栄養の知識を身につけ、社会に求められる指導者へ

運動生理学や栄養学に基づく理論と指導技術を修得し、トップアスリートから生徒、地域住民まで人々の健康を支えるプロを育てます。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    運動やスポーツの栄養補給に
    生かせる栄養学の理論を学ぶ

    一般の方からアスリートまで幅広い対象者の生活習慣や健康状態に合わせて、適切な栄養素等を摂取するための食事や栄養補給の方法などを学びます。加えて、併設の小学校・幼稚園への給食提供や福祉施設などで臨地実習を行い、栄養学の知識・技術を体得します。

  • 学びPoint

    身体を動かしながら知識を深め、
    スポーツ指導の技術を体得する

    トレーニングやエクササイズなどの身体活動を実際に体験する中で、身体をどう動かすことが健康に効果的であるのかを学びます。さらに、一人ひとりに合わせた運動プログラムを実際に作成し、指導員として基本的な技術を身につけます。

  • 学びPoint

    「Koka Healthy プロジェクト」で社会で求められる人材へ

    「Koka Healthy プロジェクト」では、葉酸卵を使ったレシピコンテストの応募や京野菜を使ったレシピ考案、健康イベントの開催など企業や地域社会と連携した実践型プログラムを実施します。チームで取り組むことで、現状分析や課題発見力、コミュニケーション力を高め、社会で求められる人材へと成長します。

  • 学びPoint

    運動やスポーツの栄養補給に
    生かせる栄養学の理論を学ぶ

    一般の方からアスリートまで幅広い対象者の生活習慣や健康状態に合わせて、適切な栄養素等を摂取するための食事や栄養補給の方法などを学びます。加えて、併設の小学校・幼稚園への給食提供や福祉施設などで臨地実習を行い、栄養学の知識・技術を体得します。

  • 学びPoint

    身体を動かしながら知識を深め、
    スポーツ指導の技術を体得する

    トレーニングやエクササイズなどの身体活動を実際に体験する中で、身体をどう動かすことが健康に効果的であるのかを学びます。さらに、一人ひとりに合わせた運動プログラムを実際に作成し、指導員として基本的な技術を身につけます。

  • 学びPoint

    「Koka Healthy プロジェクト」で社会で求められる人材へ

    「Koka Healthy プロジェクト」では、葉酸卵を使ったレシピコンテストの応募や京野菜を使ったレシピ考案、健康イベントの開催など企業や地域社会と連携した実践型プログラムを実施します。チームで取り組むことで、現状分析や課題発見力、コミュニケーション力を高め、社会で求められる人材へと成長します。

取得可能な資格・免許状

栄養分野

栄養士

栄養教諭二種免許状

専門フードスペシャリスト(受験資格)

フードスペシャリスト(受験資格)

食生活アドバイザー®検定(2級・3級)

フードコーディネーター(3級)

管理栄養士(国家試験受験資格)※1

スポーツ分野

中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)

健康運動指導士(受験資格)

健康運動実践指導者(受験資格)

公認スポーツ指導者 ※2

障がい者スポーツ指導員(初級)

※1 実務経験1年以上。

※2 受験時、共通科目Ⅰ·Ⅱ(講習・試験)免除。

授業紹介

健康スポーツ指導法Ⅴ(ダンス)

ダンスを通じて仲間とのコミュニケーションを豊かにし、自己表現力を高めます。授業ではまず基本的な表現技法を学んだのち、個性的な表現や作品の創作を実践。グループ演習形式で互いに指導し合い、協力して課題に取り組むため、ダンスの指導に必要な知識と経験が自然と身につきます。授業のまとめでは舞台上で作品を発表する機会を設け、舞台製作の企画・運営まで経験します。

スポーツ栄養学実習

学生アスリート、プロアスリートへのアドバイス・献立作成を行い、自ら考案した献立をアスリートに提供します。現場で献立提供・調理を行う栄養士を想定し、どのような献立や調理方法がより選手のパフォーマンス向上につながるかを考えながらグループで献立作成を行い、3回の調理実習を実施します。実習後はフィードバックを受けて自分自身の達成度を振り返ります。スポーツ栄養の基礎知識を理解するとともに、スポーツ選手に食事アドバイスを行う実践力が身につきます。

実習ステップ

栄養分野

&

スポーツ分野

1年次

食品特性の基礎を実践的に学ぶ

調理実習基礎

食品の特性や含まれる成分の調理による成分変化について、調理実習基礎における基本的な調理技術を通して学びます。

1年次

健康や運動の基礎理論を学ぶ

健康スポーツ概論

健康づくりのために運動やスポーツがどのように役立つのかを学び、運動・スポーツを行うことの重要性について考えます。

2年次

栄養学に基づいた
献立作成能力を身につける

食生活と調理実習
スポーツ栄養学

栄養学の視点からライフステージおよびスポーツ場面に応じた適切な献立作成能力を身につけます。

2年次

運動やスポーツを科学的理論に
基づいて理解する

スポーツ心理学
健康スポーツ指導法

運動やスポーツの特性について、理論と実践から科学的に理解していきます。

3年次

給食の運営に関する
総合的な力を修得する

給食マネジメント実習Ⅰ・Ⅱ

学生自らが考案した献立を100食分調理し販売することで、給食の運営に関する栄養士業務の実際を学びます。

3年次

科学的根拠に基づいた
運動・スポーツ指導法を修得する

コーチング論

コーチング、スポーツマネジメントなどの科目を通して、高度な科学的知識に基づいた運動・スポーツの指導方法を学びます。

4年次

校外実習で
“知識と技術を実践に生かす力”をつける

臨地実実習
栄養教育実習

給食運営の現場での校外実習において、自ら課題を発見し解決することで、栄養士の専門知識と技術を習得します。

4年次

健康教育を実践し、
多面的な力を養う

インストラクター現場実習
教育実習(中・高)Ⅰ・Ⅱ

教育実習などを通して健康・運動・栄養・心理などの多面から健康教育を実践できる力を身につけます。

1年次

食品特性の基礎を
実践的に学ぶ

調理実習基礎

食品の特性や含まれる成分の調理による成分変化について、調理実習基礎における基本的な調理技術を通して学びます。

2年次

栄養学に基づいた
献立作成能力を身につける

食生活と調理実習
スポーツ栄養学

栄養学の視点からライフステージおよびスポーツ場面に応じた適切な献立作成能力を身につけます。

3年次

給食の運営に関する
総合的な力を修得する

給食マネジメント実習Ⅰ・Ⅱ

学生自らが考案した献立を100食分調理し販売することで、給食の運営に関する栄養士業務の実際を学びます。

4年次

校外実習で
“知識と技術を実践に生かす力”をつける

臨地実実習
栄養教育実習

給食運営の現場での校外実習において、自ら課題を発見し解決することで、栄養士の専門知識と技術を習得します。

1年次

健康や運動の基礎理論を学ぶ

健康スポーツ概論

健康づくりのために運動やスポーツがどのように役立つのかを学び、運動・スポーツを行うことの重要性について考えます。

2年次

運動やスポーツを科学的理論に
基づいて理解する

スポーツ心理学
健康スポーツ指導法

運動やスポーツの特性について、理論と実践から科学的に理解していきます。

3年次

科学的根拠に基づいた
運動・スポーツ指導法を修得する

コーチング論

コーチング、スポーツマネジメントなどの科目を通して、高度な科学的知識に基づいた運動・スポーツの指導方法を学びます。

4年次

健康教育を実践し、
多面的な力を養う

インストラクター現場実習
教育実習(中・高)Ⅰ・Ⅱ

教育実習などを通して健康・運動・栄養・心理などの多面から健康教育を実践できる力を身につけます。

主な実習先

臨地実習(給食施設)[4年次:5日間]

  • 不二家商事
  • 一冨士フードサービス
  • パナソニック(株)HA社 エアコンビジネスユニット
  • 一般財団法人日本老人福祉財団 京都 ゆうゆうの里
  • 社会福祉法人みおつくし福祉会 更生施設 大阪市立淀川寮

中学・高等学校教諭一種免許状[教育実習][4年次:15日間]

栄養教論二種免許状[教育実習][4年次:5日間]

  • 各出身校での実習
       その他、京都市内での実習

※出身校が遠方のため京都市内での実習を希望する場合のみ

資格取得までのサポート

卒業生メッセージ

  • 栄養分野

  • スポーツ分野

フジ産業株式会社 京都市立市神川小学校
健康科学部 健康栄養学科 健康スポーツ栄養専攻 2016年度卒業
(京都府立 鳥羽高等学校出身)

卒業後に管理栄養士の資格を取得。
ますます活動の幅を
広げていきたいです。

小学校の給食室に調理員として勤めています。学校給食の魅力は食べる人の笑顔を直接見られること。現在は副主任として、現場全体を見て指示を出すのも仕事のうち。常に周りに気を配らないといけない大変さはありますが、児童や先生に「おいしかった」といってもらえることがやりがいになっています。在学中に経験した大量調理の実習や、学校や病院などを幅広く訪問して実践的に学んだことが、今の仕事に生きています。将来的には病院や施設などでの栄養指導にも挑戦したいと考え、管理栄養士の資格を取得。働きながら国家試験合格に向けて勉強するのは大変でしたが、週に1回は大学を訪れ、先生方にアドバイスをいただくなどして対策を行いました。これまで学んだ知識を生かして今後も経験を積み、献立作成や栄養指導にも関われるようになりたいです。

株式会社LAVA International
健康科学部 健康栄養学科 健康スポーツ栄養専攻 2017年度卒業
(京都府 私立京都光華高等学校出身)

お客さまとの会話を大切に
楽しんでもらえるレッスンを
していきたい。

ホットヨガのインストラクターとフロント業務をしています。子どものころから水泳をしていたり、学生時代は陸上部に所属していたり、と体を動かすことが好きなので、スポーツに関連する仕事に就きたいと思っていました。
フロント業務を担当している際は積極的にお客さまに話しかけるなど、コミュニケーションを取ることを心掛けています。信頼関係を築くことで、お客さまが安心してレッスンを楽しみ、喜んでいただけることがやりがいです。大学で人体の構造を学び、筋肉の名称や関節の動きを理解していたので、職場での研修もスムーズでした。また、栄養学を学べたことも役立ちました。お客さまに栄養面からのアドバイスもできるため、より信頼されるインストラクターになれると思います。ヨガスキルをさらに向上させて、一人でも多くのお客さまに充実したヨガライフを過ごしていただけるようがんばりたいです。

就職

就職率100%

2年連続

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2020年3月卒業生実績

目指せる進路・就職先

栄養分野

栄養士(サービス分野・医療分野)

食品会社

給食関連企業・外食産業

栄養教諭

など

スポーツ分野

中学校・高等学校保健体育科教諭

スポーツクラブ(栄養・運動指導員)

スポーツ関連企業(商品開発など)

ヘルスケア関連企業

など

その他

医療事務(医療・福祉)

一般企業

保健所・学校

大学院進学

教育委員会

など

(株)東急スポーツオアシス / エルスポーツ(株) / (株)LAVA International / (株)オージースポーツ / (株)東祥 / スポーツコミュニティ(株) / RIZAPグループ(株) / フジ産業(株) / 一冨士フードサービス(株) / シダックス(株) / 日清医療食品(株) / エームサービス(株) / 社会福祉法人 西京極保育福祉会 / おいけあした保育園 / 社会福祉法人 南郷会 / 学園前ほいくえん / 社会福祉法人 京都社会福祉協会 / (株)叶 匠壽庵 / (株)花園万頭/たねやグループ / (株)ロマンライフ/日本郵便(株) / 岡崎市役所 など

※就職実績は過去3カ年のものです

「基礎ゼミ」、「スポーツ栄養学実習」などの授業では、本学客員教授で2008年北京五輪陸上競技(男子4×100mリレー)で銀メダルを獲得した朝原宣治氏(大阪ガス(株))、同じく本学客員教授で2008年北京五輪カヌー競技(女子カヤックフォア500m)に出場した金村祐美子氏(一般社団法人アスリートネットワーク)を講師に招き、特別講義を行っています。一流アスリートの経験に基づく講義内容で、スポーツ選手の健康管理や心理状態について深く学び、運動指導の実践に広く役立てることができます。

Koka Healthy プロジェクトとは、学生一人ひとりの夢を叶えるため、学生と教職員の共同プロジェクトとして立ち上げた取り組みのことで、学生は実践型の教育プログラムとしての科目を段階的に履修していきます。1年次に、自分の適性や将来についてしっかり考えます。2年次では、セルフマネジメント(自己管理能力)に必要な理論や経営・ビジネス等を学習します。これらの学習を踏まえ、3年次では、自分の興味・関心から選択したテーマに沿って、社会・地域・企業と連携した実践型学習を行います。レシピコンテスト「葉酸たまご甲子園」に参加するなど、実社会とつながりながら、トライアル&エラーを繰り返し、企画力・プレゼンテーション力・実践力を高めます。すべての体験が自信となり、自分の成長につながるとともに、将来の進路選択のベースにもなります。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

河嶋 伸久 講師

栄養と運動の両面から健康づくりを
サポートできる人材を育成します。

高齢社会を迎え、いかに健康に長生きできるかが重要視されています。健康に大きく関わる栄養と運動について学び、その両面から健康づくりをサポートできる人材を育成します。授業や実習を通して、栄養・運動のスペシャリストとして常に知識をアップデートし、人に分かりやすく伝える力を養います。

Y.Aさん 3年生
京都府立 西城陽高等学校出身

栄養とスポーツの両方の側面から
学べるのが魅力。人のために積極的に
動ける栄養士を目指します。

栄養士として、たくさんの人に喜んでもらえる食事提供ができるようになるのが目標です。そのために、栄養面だけでなくスポーツの分野についても学びたいと思い本専攻を志望しました。授業は先生と学生の距離が近いので質問もしやすく、知りたいと思ったことはすぐに聞くことができています。大量調理やスポーツ実技の授業では、数人のグループで活動することが多く、自分から積極的に意見を発信する力が養われたと思います。また、さまざまな学生の意見を聞けるので「そんな考え方もあるのか」と新たな発見があり、視野が広がりました。ここで身につけた積極性を生かして、自ら行動できる栄養士を目指したいです。