大学

健康栄養学科 健康スポーツ栄養専攻

スポーツと栄養に関する知識を身につけ
健康を支える専門職を目指す

運動生理学や基礎医学、栄養学に基づく理論と指導技術を修得。トップアスリートから生徒、地域住民まで人々の健康を支えるプロを育てます。

学びのポイント

  • 学びPoint

    身体の仕組みを理解し、運動やスポーツの指導法を学ぶ

    トレーニングやエクササイズなどの身体運動を実際に体験する中で、身体をどう動かすことが効果的であるのかを学びます。さらに、一人ひとりに合わせた運動プログラムを実際に作成し、指導する基本的な技術を身につけます。

  • 学びPoint

    幅広い対象に合わせた栄養学の理論と実際を学ぶ

    一般の方からスポーツ選手まで幅広い対象者の生活習慣や健康状態に合わせて、適切な栄養素等を摂取するための食事や栄養補給の方法などを学びます。実際の事例などから実践的な知識を身につけます。

  • 学びPoint

    地域を通して社会貢献に関わる体験から学ぶ

    併設の光華小学校・幼稚園への給食提供、地域の健康づくり活動への参加など、健康増進支援に関わる体験学習を行います。さまざまな地域活動の体験から社会貢献の在り方について考えます。

  • 学びPoint

    身体の仕組みを理解し、運動やスポーツの指導法を学ぶ

    トレーニングやエクササイズなどの身体運動を実際に体験する中で、身体をどう動かすことが効果的であるのかを学びます。さらに、一人ひとりに合わせた運動プログラムを実際に作成し、指導する基本的な技術を身につけます。

  • 学びPoint

    幅広い対象に合わせた栄養学の理論と実際を学ぶ

    一般の方からスポーツ選手まで幅広い対象者の生活習慣や健康状態に合わせて、適切な栄養素等を摂取するための食事や栄養補給の方法などを学びます。実際の事例などから実践的な知識を身につけます。

  • 学びPoint

    地域を通して社会貢献に関わる体験から学ぶ

    併設の光華小学校・幼稚園への給食提供、地域の健康づくり活動への参加など、健康増進支援に関わる体験学習を行います。さまざまな地域活動の体験から社会貢献の在り方について考えます。

取得可能な資格・免許状

栄養分野

栄養士

栄養教諭二種免許状

フードスペシャリスト(受験資格)

食生活アドバイザー検定(2級・3級)

フードコーディネーター(3級)

管理栄養士(国家試験受験資格)※1

スポーツ分野

中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)※2

健康運動指導士(受験資格)

健康運動実践指導者(受験資格)

公認スポーツ指導者 ※3

障がい者スポーツ指導員(初級)※4

※1 実務経験1年以上。

※2 教職課程再課程認定申請中。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

※3 受験時、共通科目Ⅰ・Ⅱ(講習・試験)免除。 ※4 申請予定。

授業紹介

健康スポーツ指導法

健康の保持増進のための運動指導について、理解を深めます。運動がもたらす心身の変化を学び、運動プログラムの立案や実際の指導場面を想定した実演などの実践力を養います。

人体の構造・生理実験

人体の構造とその機能について、実際に身体を動かし理解を深めます。基礎代謝や心肺機能、安静時の呼吸数、酸素摂取量などの測定を一人ひとりが行い、エネルギー代謝について学びます。

給食マネジメント実習Ⅰ・Ⅱ

1・2年次に学んだ食品学・調理学・衛生学などの知識と技術を結びつけ、給食運営について学びます。学生が立案した献立を100人分調理するために、学生自ら調理作業を計画し、実践します。

実習の流れ

栄養分野

食品に関する基礎知識から
栄養士に必要な力を身につける

スポーツ分野

健康・運動に関する知識を身につけ
指導法を学ぶ

1年次

食品特性の基礎を
調理実習により
実践的に学びます。

食品の特性や含まれる成分の調理による成分変化について、調理実習基礎における基本的な調理技術を通して学びます。

1年次

健康や運動の
基礎理論を学びます。

健康づくりのために運動やスポーツがどのように役立つのかを学び、生涯にわたって運動・スポーツを行うことの重要性について考えます。

実習生
VOICE

調理実習では、器具の使い方、調理手順など基本的な調理技術を身につけるだけでなく、美味しい出汁の取り方など調理のコツや気をつけるべきポイントを教えていただきました。

2年次

栄養学に基づいた
献立作成能力を
身につけます。

栄養学の視点からライフステージおよびスポーツ場面に応じた適切な献立作成能力を身につけます。

2年次

運動やスポーツを
科学的理論に基づいて
理解します。

運動やスポーツの特性について、理論と実践から科学的に理解します。

実習生
VOICE

運動生理学実習では、器具を用いて運動中の身体の各機能を測定。自分たちが被験者となり、実際に器具を装着して測定を行うことで、身体機能の仕組みを体験的に学ぶことができました。

3年次

給食の運営に関する
総合的な力を修得します。

学生自らが考案した献立を100食分調理し販売することで、給食の運営に関する栄養士業務の実際を学びます。

3年次

科学的根拠に基づいた
運動・スポーツ指導法を
修得します。

コーチング、スポーツマネジメントなどの科目を通して、高度な科学的知識に基づいた運動・スポーツの指導方法を学びます。

実習生
VOICE

100食分を調理し販売する給食マネジメント実習を経験し、献立作成力を養いました。毎回反省会を行い、各班の良い点や悪い点を発表しあうことで、次に生かすようにしていました。

4年次

校外実習で知識と
技術を実践に生かす力に。

給食運営の現場での校外実習において、自ら課題を発見し解決することで、栄養士の専門知識と技術を習得します。

4年次

健康教育を実践し、
多面的な力を養います。

教育実習などを通して健康・運動・栄養・心理などの多面から健康教育を実践できる力を身につけます。

実習生
VOICE

校外実習では、献立作成から調理まですべて自分たちで実施。児童や園児の好みや衛生面に気をつけて提供しました。時間通り食事を提供するため、効率の良い調理手法も身につきました。

食品に関する基礎知識から
栄養士に必要な力を身につける

1年次

食品特性の基礎を
調理実習により
実践的に学びます。

食品の特性や含まれる成分の調理による成分変化について、調理実習基礎における基本的な調理技術を通して学びます。

実習生
VOICE

調理実習では、器具の使い方、調理手順など基本的な調理技術を身につけるだけでなく、美味しい出汁の取り方など調理のコツや気をつけるべきポイントを教えていただきました。

2年次

栄養学に基づいた
献立作成能力を
身につけます。

栄養学の視点からライフステージおよびスポーツ場面に応じた適切な献立作成能力を身につけます。

実習生
VOICE

運動生理学実習では、器具を用いて運動中の身体の各機能を測定。自分たちが被験者となり、実際に器具を装着して測定を行うことで、身体機能の仕組みを体験的に学ぶことができました。

3年次

給食の運営に関する
総合的な力を修得します。

学生自らが考案した献立を100食分調理し販売することで、給食の運営に関する栄養士業務の実際を学びます。

実習生
VOICE

100食分を調理し販売する給食マネジメント実習を経験し、献立作成力を養いました。毎回反省会を行い、各班の良い点や悪い点を発表しあうことで、次に生かすようにしていました。

4年次

校外実習で知識と
技術を実践に生かす力に。

給食運営の現場での校外実習において、自ら課題を発見し解決することで、栄養士の専門知識と技術を習得します。

実習生
VOICE

校外実習では、献立作成から調理まですべて自分たちで実施。児童や園児の好みや衛生面に気をつけて提供しました。時間通り食事を提供するため、効率の良い調理手法も身につきました。

健康・運動に関する知識を身につけ
指導法を学ぶ

1年次

健康や運動の
基礎理論を学びます。

健康づくりのために運動やスポーツがどのように役立つのかを学び、生涯にわたって運動・スポーツを行うことの重要性について考えます。

実習生
VOICE

調理実習では、器具の使い方、調理手順など基本的な調理技術を身につけるだけでなく、美味しい出汁の取り方など調理のコツや気をつけるべきポイントを教えていただきました。

2年次

運動やスポーツを
科学的理論に基づいて
理解します。

運動やスポーツの特性について、理論と実践から科学的に理解します。

実習生
VOICE

運動生理学実習では、器具を用いて運動中の身体の各機能を測定。自分たちが被験者となり、実際に器具を装着して測定を行うことで、身体機能の仕組みを体験的に学ぶことができました。

3年次

科学的根拠に基づいた
運動・スポーツ指導法を
修得します。

コーチング、スポーツマネジメントなどの科目を通して、高度な科学的知識に基づいた運動・スポーツの指導方法を学びます。

実習生
VOICE

100食分を調理し販売する給食マネジメント実習を経験し、献立作成力を養いました。毎回反省会を行い、各班の良い点や悪い点を発表しあうことで、次に生かすようにしていました。

4年次

健康教育を実践し、
多面的な力を養います。

教育実習などを通して健康・運動・栄養・心理などの多面から健康教育を実践できる力を身につけます。

実習生
VOICE

校外実習では、献立作成から調理まですべて自分たちで実施。児童や園児の好みや衛生面に気をつけて提供しました。時間通り食事を提供するため、効率の良い調理手法も身につきました。

免許・資格取得に向けたサポート

栄養士・健康運動実践指導者・保健体育科教論を目指す

ダウンロード

point1基礎教育

1年次から、さまざまな授業を通じ、自ら学ぶ力と学習習慣を身につけていきます。教員採用試験対策は他学部と連携したプログラムを実施。科目別の課題や過去問を解き、実力を伸ばします。

point2模擬試験・フォローアップ講座

模擬試験を繰り返し行い、学習の到達度を確認。苦手分野を分析し、フォローアップ講座で理解を深めます。3年次12月には栄養士実力認定試験があり、自分のレベルを知ることができます。

point3クラスアドバイザーによるサポート

日頃の授業で理解が不十分な点は、個別指導で補います。また、学習計画についても学生一人ひとりに合わせてアドバイスを実施。定期的な到達度確認と個性に合わせたサポートにより、確かな合格力を養います。

卒業生メッセージ

経験を積み、
高齢者の健康指導をする
介護予防にも挑戦していきたいです。

大学の授業の一環でフィットネスクラブ コ・ス・パでスポーツ指導体験をしたことが、入社のきっかけになりました。現在はフロントでの入会受付、ジムでのトレーニングやマンツーマンでの指導、レッスンを担当しています。会員さまはご高齢の方も多く、私のレッスンを受けて生き生きとされている姿を見ているとうれしく、私もがんばろうという気持ちになります。京都光華での学びは、運動指導と栄養の両面から高齢者の健康を支えたいという今の考え方につながっています。高齢化が進む中、介護予防は社会的にも注目されており、将来的には当社が行っている高齢者の介護予防事業にもっと関わっていきたいと思います。

株式会社 オージースポーツ
健康科学部 健康栄養学科 健康スポーツ栄養専攻 2016年度卒業
(京都府立 鳥羽高等学校出身)

就職

就職率98%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2018年3月卒業生実績

主な就職先(過去2年間の主な実績)

スポーツコミュニティ(株) / (株)オージースポーツ / (株)東急スポーツオアシス / ホットヨガ スタジオ・オー / (株)ファクトリージャパングループ / セブン&アイ・フードシステムズ / (株)ABC Cooking Studio / 社会福祉法人 京都社会福祉協会 / 社会福祉法人南郷会 学園前ほいくえん / (株)JPホールディングス / 日清医療食品(株) / オリジン東秀(株) / 岡崎市役所 / 学校法人 光華女子学園 など

「基礎ゼミ」、「スポーツ栄養学実習」などの授業では、本学客員教授で2008年北京五輪陸上競技(男子4×100mリレー)で悲願のメダルを獲得した朝原宣治氏(大阪ガス(株)所属)、同じく本学客員教授で2008年北京五輪カヌー競技(女子カヤックフォア500m)に出場した金村祐美子氏(一般社団法人アスリートネットワーク)を講師に招き、特別講義を行っています。一流アスリートの経験に基づく講義内容で、スポーツ選手の健康管理や心理状態について深く学び、運動指導の実践に広く役立てることができます。

(株)オージースポーツと提携し、「フィットネスクラブ コ・ス・パ 京都リサーチパーク」で、スポーツインストラクターの基礎を学ぶ「インストラクター実習」、トレーニング機器の使い方を学ぶ「スポーツトレーニング実習」などを開講しています。トレーニングの現場で活躍する健康運動指導士の方々から体験的に学ぶことができ、さらに一般のお客さまへの指導を体験することで、運動・スポーツ指導者としての理解がより深まるとともに、自分の将来の姿がイメージできるようになります。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

橋元 真央 講師

人々の「健康」を幅広く
支える力を身につけます。

学生たちが人々や社会の健康に関心を抱き、自分の将来像と重ねながら学びを実践できるよう、学外実習や指導スタッフの声を聞く機会を多く設けています。達成感や新たな気づきを得ながら、スポーツと栄養のプロとして人々の健康を支え、多方面で活躍できる人材へと成長できるようサポートしています。

M.Sさん 4年生
京都府 私立大谷高等学校出身

丁寧な指導と現場体験で
確実に力を伸ばせます。

スポーツと栄養について専門的に学び、調理実習やスポーツ演習、フィットネスジムでの現場体験などを通して、栄養と身体の関係や運動指導法を身につけていきます。資格試験前には対策講座が開かれるなど、一対一で丁寧に指導してくださる先生がいるので、着実に知識を深めていくことができたと思います。