大学

医療福祉学科 社会福祉専攻

子ども・医療・行政の各フィールドで人々の暮らしを支えるソーシャルワーカーへ

支援が必要な子どもに対応できる社会福祉士、医療ソーシャルワーカー、福祉職公務員、3つの進路を柱として、あらゆる年代の人々の暮らしの幸せを支えるソーシャルワーカーを育てます。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    子ども・医療・行政の3領域でソーシャルワーカーを養成

    福祉の視点から特別な支援が必要な子どもに寄り添う力、さまざまな医療専門職と連携し患者さんをサポートする技術、地域住民の暮らしを支える専門的知識、といった専門職として必要な知識・技術を身につけ、子ども・医療・行政をはじめ、さまざまな現場で活躍できるソーシャルワーカーを養成します。

  • 学びPoint

    実践現場で
    子どもに寄り添う力を養う

    子どもや家庭を支援するソーシャルワーカーに必要なのは、実際に子どもと関わる経験です。本学では、子どもの福祉を学ぶカリキュラムを多く設置。また、学習支援ボランティアなど実践の現場を設け、子どもと学生のダイレクトな関わりを通じて、確かな力を身につけます。

  • 学びPoint

    少人数制の学びで
    幅広い領域での現場体験が可能

    少人数制だからこそのきめ細かな授業が可能。社会福祉施設や医療機関などへの見学や体験の機会が豊富で、現場で活躍されている人と関わる機会が多いのが特徴です。在学中から現場に触れる機会を設けることで、将来の可能性を広げていくことができます。

  • 学びPoint

    子ども・医療・行政の3領域でソーシャルワーカーを養成

    福祉の視点から特別な支援が必要な子どもに寄り添う力、さまざまな医療専門職と連携し患者さんをサポートする技術、地域住民の暮らしを支える専門的知識、といった専門職として必要な知識・技術を身につけ、子ども・医療・行政をはじめ、さまざまな現場で活躍できるソーシャルワーカーを養成します。

  • 学びPoint

    実践現場で
    子どもに寄り添う力を養う

    子どもや家庭を支援するソーシャルワーカーに必要なのは、実際に子どもと関わる経験です。本学では、子どもの福祉を学ぶカリキュラムを多く設置。また、学習支援ボランティアなど実践の現場を設け、子どもと学生のダイレクトな関わりを通じて、確かな力を身につけます。

  • 学びPoint

    少人数制の学びで
    幅広い領域での現場体験が可能

    少人数制だからこそのきめ細かな授業が可能。社会福祉施設や医療機関などへの見学や体験の機会が豊富で、現場で活躍されている人と関わる機会が多いのが特徴です。在学中から現場に触れる機会を設けることで、将来の可能性を広げていくことができます。

取得可能な資格・免許状

社会福祉士(国家試験受験資格)

精神保健福祉士
(国家試験受験資格)※1

社会福祉主事(任用資格)

児童福祉司(任用資格)※2

家庭相談員(任用資格)

児童指導員(任用資格)

知的・精神障害者移動支援従業者
(ガイドヘルパー)

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験
合格率は全国平均を上回る実績

※ 1 定員があります(10名)。

※ 2 社会福祉士取得、または厚生労働省の定める福祉施設などで、1年以上の実務経験が必要です。

社会福祉とは?

社会福祉とは、「だんのらしのあわせ」を支えるため、地域住民、子ども、障がい者、高齢者など幅広い人々に寄り添いながら行う支援のこと。人々が生活面で抱える悩みや不安、課題に向き合い相談に応じ、解決のための援助を行う相談援助職を“ソーシャルワーカー”と呼びます。

普段の暮らしの幸せを支える力を生かす
3つのソーシャルワーカー

  • 子ども

  • 医療

  • 行政

{ 子ども }

障がい、被虐待、難病などにより特別な支援が必要な子どもたちやその家族に対応する専門的知識とスキルを持ち、福祉の視点から子どもに寄り添い、支援します。
都道府県が実施する保育士国家試験の受験に際し、カリキュラムの中に一部支援科目を開講し、保育士資格取得を目指す学生をサポートします。

目指せる進路・就職先

児童養護施設、母子生活支援施設、障害児施設、放課後等デイサービス、児童厚生施設 など

{ 医療 }

今、福祉職に求められているのは医療に関する知識。看護師や管理栄養士、心理カウンセラーといった他の専門職と連携し、医療ソーシャルワーカーとして患者さんやそのご家族をサポートします。

チーム医療と多職種連携教育

京都光華では、医療系科目の充実や、近隣の医療機関・施設への見学やゲスト講義など、医療福祉の理解を深めることができる機会を多く設置。社会が求めるチーム医療を視野に入れ他の専門職と連携するため、医療福祉や専門職の連携に関する知識を育む豊富なカリキュラムで医療ソーシャルワーカーを育てます。

精神保健福祉士の資格取得も目指せます。

精神保健福祉士は、精神障害を抱える人の社会復帰や社会参加を支援したり、日常生活に支障をきたす問題の解決の手助けをしたりする専門家。社会福祉施設や病院見学などの現場実習を通して知識と経験を深め、国家試験合格を目指します。

主な医療系科目

生命倫理/医療福祉連携論/専門職の連携(基礎・応用)/ターミナルケア/包括的ヘルスケア論

目指せる進路・就職先

社会福祉士

病院・クリニックなどの保健医療機関、高齢者福祉施設、障害者地域生活支援センター、障害者社会復帰施設、社会福祉協議会 など

精神保健福祉士

病院・クリニックなどの保健医療機関、就労支援施設、生活支援施設、地域活動支援センター など

{ 公務員 }

地域住民に寄り添いながら支援を行う福祉職公務員。自治体に所属し、社会福祉施設や児童相談所、健康福祉局や区役所などで、障がい者や高齢者、児童等、社会福祉に関する相談業務に従事します。

目指せる進路・就職先

公立社会福祉施設、精神保健福祉センター、福祉事務所、児童相談所 など

授業紹介

子どもと社会福祉

児童虐待、いじめ、子どもの貧困などが増え続ける近年、子どもの抱える困難に対応できる社会の実現に向けて、社会福祉領域の専門性が問われています。子どもに関わる専門職として、まずは子どもを取り巻く状況について基礎を学びます。グループワークでのディスカッションや発表を重ね、課題に対する解決の糸口を見つけ、アクションを起こす力を養います。

相談援助演習Ⅳ

1・2年次に学んできたことを基盤に、相談援助技術の向上を目指します。ロールプレイやグループディスカッションなど、学生一人ひとりが積極的に取り組む参加型の授業を展開。個別支援・集団支援・地域支援について、相談援助が必要となる場面や対象者について、その際に必要な技術を理解します。事例の検討や、事例を活用した援助体験などによって実践的・体験的に学びます。

国家試験・公務員試験までの流れ

主な実習先

社会福祉士
[相談援助実習:240時間]

  • 京都市内、京都府南部、大阪府北部、滋賀県南部(特別養護老人ホーム、生活介護施設、児童養護施設、社会福祉協議会など)

精神保健福祉士
[医療機関+施設 実習時間 計210時間]※実施時期や期間は受入れ施設により異なります。※相談援助実習を行うことにより、実習時間数が一部、免除されます。

  • 京都市内、京都府南部、大阪府北部、大阪市内

※ 実習エリアが変更になる場合があります。

医療福祉学科 社会福祉専攻(2020年3月卒)国家試験合格状況

第32回 社会福祉士国家試験合格率:35.3%(合格者数6名 / 受験者数17名)
社会福祉士 全国平均:29.3%

第22回 精神保健福祉士国家試験合格率:100%(合格者数2名 / 受験者数2名)
精神保健福祉士 全国平均:62.1%

就職

就職率96%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2020年3月卒業生実績

卒業生メッセージ

  • 子ども

  • 医療

  • 行政

株式会社bunanoki(ブナノキ) bunanoki house
健康科学部 医療福祉学科 社会福祉専攻 2018年度卒業
三重県 私立三重高等学校出身

指導員

子どもたち一人ひとりに合わせて、
寄り添っていきたいです。

発達に心配のある子どもたちが、集団生活への適応力を養うための施設で指導員として働いています。在学中は、ガイドヘルパーの資格を生かし障がい者施設での移動支援や子ども食堂でのボランティアを経験。それが今の仕事につながっています。大学では、ボランティア紹介などの他、親身な支援で就職が決まるまでしっかりサポートいただきました。今後、子どもたち一人ひとりともっと関わり、寄り添っていきたいです。

※ 学部・学科名は入学時のものです。

医療法人 清仁会 亀岡シミズ病院 相談員
健康科学部 医療福祉学科 社会福祉専攻 2017年度卒業
京都府立 洛北高等学校出身

社会福祉士

患者さんの笑顔がやりがい。
頼れる相談員を目指します。

地域医療連携室の相談員として、患者さんの退院支援や介護保険をお持ちの方へのサービスのご案内などを担当。社会福祉士を目指し大学時代に固めた基礎が、現在の仕事に直結しています。医師・看護師・ケアマネージャーとの連携を大切にしながら、患者さんとそのご家族はもちろん同僚からも信頼される相談員になりたいです。

精神保健福祉士

患者さんのために、
知識と経験を積み重ねていきます。

退院支援を積極的に行っている本病院の理念に共感し、入職。退院支援を担当した患者さんとご家族からお礼の言葉をいただいたときはやりがいを感じました。現在でも、実際の困難事例をもとに解決策を考える相談援助演習の授業を思い出しながら支援を行っています。今後も勉強を続け、多様なケースへの対応力を磨いていきたいです。

医療法人 桐葉会 木島病院
健康科学部 医療福祉学科 社会福祉専攻 2017年度卒業
和歌山県立 和歌山高等学校出身

※ 学部・学科名は入学時のものです。

野洲市 健康福祉部 地域包括支援センター
人間関係学部 社会福祉学科 2007年度卒業
滋賀県 私立綾羽高等学校出身

公務員

市の専門職として、地域を支えます。

在学中に社会福祉士と精神保健福祉士の資格を取得。幅広い現場で支援を行いたいと公務員を志望し、現在は市の専門職として、地域の社会福祉啓発活動や高齢者の支援などに取り組んでいます。他の専門職との連携が不可欠で、常に社会福祉士としての意見を求められるため、今後も勉強を重ね、専門性を高めていきたいと思います。

※ 学部・学科名は入学時のものです。

大学周辺に在住するさまざまな事情で学習が困難な中学生を対象に、学習支援活動の場の提供を行っています。公益財団法人京都市ユースサービス協会と協働し、学生がボランティアとして学習支援・学習相談にあたり、子どもの支援に強い福祉職への学びを深めています。

地域の子どもたちが集まり、ごはん作りや遊びなどを通して交流するこども食堂に参加。有志の学生たちが大学最寄りのデイサービスセンターに伺い、触れ合いの中で学びを深めています。

「医療福祉連携論」などの講義において、保健医療機関で活躍する医療ソーシャルワーカーの役割について学びます。また、近隣の保健医療機関を見学し、そこで働く方々と接したり、授業内で現職の医療ソーシャルワーカーを外部講師としてお招きし、具体的な業務内容など、さまざまなお話を伺う機会を設けています。現場の状況を知ることで、保健医療機関で活躍する社会福祉専門職について理解を深めるとともに、医療ソーシャルワーカーの魅力を十分に感じることができます。

基礎演習の授業において、行政機関やNPO法人などで活躍されている方をゲストにお招きし、民間・公務員各々の魅力と、公務員だからこそできる福祉の仕事について学びを深めています。社会福祉分野の活躍の場は民間施設や企業など幅広くありますが、困っている人を支援する上で、「公務員という立場でも十分に専門性が発揮できる」という福祉公務員の魅力を感じることができる貴重な機会となっています。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

南 多恵子 准教授

これからは福祉の時代。
困っている人たちに手を差し伸べる力を
身につけていきましょう。

これからは、まさに福祉の時代です。介護や子育て、病気、災害、貧困、虐待…などといったSOSを求める事態に遭遇する可能性は誰にでもあります。福祉の仕事が、今ほど求められる時代はなかったのではないでしょうか。困っている人たちに手を差し伸べられる専門職=ソーシャルワーカーへの扉をぜひたたいてください。

地域に住むすべての人が
住みよい町をつくるため、
自分にできることを考え、
行動できる人になりたいです。

社会福祉士と精神保健福祉士のダブル取得を目指して学習に取り組んでいます。1年次から子ども食堂のボランティアに参加し、地域の子どもたちと交流。活動をさらに良いものにするために学生ボランティア同士で話し合う場を設けるなど、自分から意識して行動したことで、子どもにとっての居場所の重要性を考えられるようになりました。子どもだけでなく地域に住むすべての人にとって暮らしやすい町づくりをするのが夢です。そのために現在は国家試験対策と並行して公務員試験の勉強も行っています。両立には不安もありましたが、先生が授業外で国家試験対策講座を開いて応援してくださり、自信を持って取り組むことができています。

K.Oさん 4年生
滋賀県立 守山高等学校出身