大学

看護学科

高い人間力と確かな看護技術を備え、
これからの時代に対応できる看護職へ

建学の精神であるおもいやりの心を大切にする仏教精神に基づく看護教育が特徴。看護師に加え、保健師の国家資格や養護教諭の免許の取得を目指すことも可能です。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    援助関係を築くための高い
    人間力を育てる

    看護師に求められる人間関係を構築する力を身につけるため、仏教精神に基づく独自科目によりおもいやりの心を育てます。看護の知識や技術を習得するのはもちろん、患者さんに寄り添うことができる、人間力の高い看護職を養成する環境を整えています。

  • 学びPoint

    時代の流れに対応した確かな実践力を身につける

    1年次から臨床現場を経験。専門知識や技術を確実に身につけ定着させた後、さまざまな領域で臨地実習を行い、現場での応用力・実践力を高めます。ITを利用した授業を展開するなど時代の流れに対応し、就職後に即戦力となれる看護師を養成します。

  • 学びPoint

    他職種との連携を意識した
    学際的な看護を学ぶ

    健康科学部に属する看護学科だからこそ、学科間を横断した学びが可能。医療や心理学の学びにも触れながら、チーム医療の考え方を理解し、他職種との連携を見据えた学際的な看護学を学ぶことができます。広い視野を持った看護師を育てます。

  • 学びPoint

    援助関係を築くための高い
    人間力を育てる

    看護師に求められる人間関係を構築する力を身につけるため、仏教精神に基づく独自科目によりおもいやりの心を育てます。看護の知識や技術を習得するのはもちろん、患者さんに寄り添うことができる、人間力の高い看護職を養成する環境を整えています。

  • 学びPoint

    時代の流れに対応した確かな実践力を身につける

    1年次から臨床現場を経験。専門知識や技術を確実に身につけ定着させた後、さまざまな領域で臨地実習を行い、現場での応用力・実践力を高めます。ITを利用した授業を展開するなど時代の流れに対応し、就職後に即戦力となれる看護師を養成します。

  • 学びPoint

    他職種との連携を意識した
    学際的な看護を学ぶ

    健康科学部に属する看護学科だからこそ、学科間を横断した学びが可能。医療や心理学の学びにも触れながら、チーム医療の考え方を理解し、他職種との連携を見据えた学際的な看護学を学ぶことができます。広い視野を持った看護師を育てます。

取得可能な資格・免許状

看護師(国家試験受験資格)

養護教諭二種免許状 ※2

保健師(国家試験受験資格)※1

第一種衛生管理者 ※3

養護教諭一種免許状

※1 保健師養成課程には定員があります。(20名程度、学内選抜)

※2 保健師免許取得後、必要な単位を修得している者は申請により取得可能。

※3 保健師免許取得後、申請により取得可能。

 

授業紹介

日常生活を支える看護技術Ⅱ

講義形式と演習を組み合わせて、看護技術および共通基本技術の習得を図ります。食事介助、排泄介助、清拭、洗髪、シーツ交換など日常生活全般を支える主な技術の基本について、実習室の模擬病床を使用し、学生同士が看護師と模擬患者を担いロールプレイ形式で実践を繰り返します。事前・事後課題と講義、演習を反復して行うことで、確かな看護技術を身につけます。自己学習のため、実習室を活用できるようサポートも実施しています。

小児看護学演習Ⅱ

子どもに特有な看護技術を学ぶことにより、発達的視野を持った小児看護を展開できる能力を養います。また、健康障害を持つ子どもの事例展開を通して、疾患が子どもに及ぼす影響や子どもと家族にとって必要な看護について考え、小児看護における知識を統合する力を養います。グループワークやディスカッションを通して主体的に取り組む力を身につけます。また、特別講義として小児専門看護師を招いた講演も行います。

実習ステップ

1年次

臨床現場で看護活動を体験的に学習

基礎看護学実習Ⅰ[8月(1週間)]

1年次から臨床現場での体験実習を実施。病院で、治療・療養環境を見学し、看護活動の状況を学習します。

2年次

実際の患者さんを対象に実践的に学ぶ

基礎看護学実習Ⅱ[8〜9月(2週間)]

学んだ知識や日常生活の技術を生かして実際に患者さんの看護にあたります。

3年次

さまざまな対象者や方法の異なる看護を学ぶ

領域別臨地実習[各領域9〜3月(1〜3週間)ずつ]

小児、成人、高齢者、周産期の女性など幅広い対象者への看護を実践的に学びます。
(領域:小児・老年・母性・成人・精神・在宅)

4年次

看護管理を修得し学びの総仕上げ

統合看護学実習[7〜9月(2週間)]

知識や技能、さらに倫理観など卒業後の看護職としての実践に向けた準備を行います。

主な実習先

康生会武田病院

医仁会武田総合病院

宇治武田病院

京都桂病院

三菱京都病院

川越病院

長岡ヘルスケアセンター

済生会京都府病院

高槻病院

大津赤十字病院

堀川病院

Nアート訪問看護ステーション

アドナース洛西訪問看護

京都市立病院

など

国家試験合格までのサポート

看護師・保健師を目指す

看護学科(2019年3月卒)国家試験合格状況

第108回 看護師 国家試験合格率:94.9%(合格者数92名 / 受験者数97名)

第105回 保健師 国家試験合格率:81.8%(合格者数9名 / 受験者数11名)

卒業生メッセージ

  • 看護師

  • 保健師

  • 養護教論

医療法人 清仁会 洛西シミズ病院 看護師
健康科学部 看護学科 2016年度卒業
(京都府 私立京都光華高等学校出身)

実習での経験が、その後の自信に。
一人ひとりに向き合った看護を実践したいです。

回復期リハビリテーション病棟で看護師をしています。患者さんによって疾患や症状、性格、生活背景もさまざま。個々に合わせた対応の難しさを感じています。在学中の実習では、悩みながらも患者さんとの対話を繰り返して、信頼関係を築くことができ、自信となりました。この経験を生かし、一人ひとりときちんと向き合いながら、患者さんのことを一番に考えた個別性のある看護ができるよう、日々心掛けています。

東近江市役所 健康福祉部 東近江保健センター 保健師
健康科学部 看護学科 2017年度卒業
(滋賀県立 八幡高等学校出身)

地域の人々から身近に感じていただける
相談しやすい保健師を目指しています。

身近な人の病気を間近で見て、疾病予防・介護予防の重要性を感じ、健康の保持増進を仕事とする保健師を志望。現在は新生児訪問や成人検診(健診)、介護予防などを通して、新生児から高齢者まで幅広い地域の方の健康増進を支援しています。求められる知識も多く、まだまだ勉強の毎日ですが、地域の人々が何か困ったことがあったときに「あの人に相談しよう」と思い出していただける、相談しやすい保健師になれるようがんばりたいです。

長浜市立杉野小学校 養護教諭
健康科学部 看護学科 2014年度卒業
(滋賀県立 虎姫高等学校出身)

先生や仲間に励まされて
養護教諭と看護師の資格を取ることができました。

京都光華の魅力は養護教諭と看護師の2つの免許・資格取得が可能なこと。合格に向けて自主的に勉強会を実施したときは、仲間同士の励ましはもちろんですが、先生からの親身なアドバイスや応援が心強かったです。卒業後も気にかけてくださるなど、今でも先生に助けられています。勤務している学校は小規模なため、受け持つ業務の幅が広く、責任は重大です。病院からも遠く、看護師の知識や技術も役立ちます。救命救急の講習を受けるなど、いざというときに備えて常に学び続けています。

就職

就職率100%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2018年3月卒業生実績

主な就職先(過去3年間の主な実績)

社会医療法人愛仁会 高槻病院 / 一般財団法人 日本バプテスト連盟 / 医療団 日本バプテスト病院 / 医療法人弘正会 西京都病院 / 大阪医科大学附属病院 / 大阪市立総合医療センター / 大阪大学医学部附属病院 / 社会福祉法人恩賜財団 / 大阪府済生会吹田病院 / 大津赤十字病院 / 独立行政法人労働者健康安全機構 香川労災病院 / 日本医科大学付属病院 / 金沢市立病院

オーストラリアのロックハンプトンにある協定校、CQ University 看護学部で現地の学生と共に、基礎看護学の講義や看護技術演習を受講します。ゴールドコーストでは、病院やナーシングホームを見学し、オーストラリアの医療・看護事情について理解を深めます。ロックハンプトンではホームステイを行うことで、異文化理解や語学力向上も図ることが可能です。

看護学科の学生が所属している団体「めでぃすた!」では、病院見学や一次救命処置(心臓マッサージ・人工呼吸)の講習などを行っています。内容も自分たちでテーマを決めて実施。看護の学びを授業だけで終わらせず、仲間と共に体験し共有することで、また新たな学びを得ています。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

番所 道代 准教授

学生を一人の大人として尊重し、
その成長を見守ります。

あらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、生涯を通してその人らしく生きるための支援を追求する看護学。実践的な演習を通して、専門職としての自覚と責任、個々の対象者に対応できる実践力を養います。学生を一人の大人として尊重し、疑問や相談は必ず受け入れることを心掛け、その成長を見守ります。

看護の専門知識だけでなく、
人への寄り添い方についても
学びを深めています。

看護の学びは専門的な内容が多く、難しいと感じることもありますが、先生との距離が近いので気軽に質問ができます。クラスアドバイザーとの定期面談でも相談ができるので、私生活やテストへの不安なども解消できています。特に力を入れているのは演習の授業。実習や臨床の際に使う基礎的な技術について実践を通して学べるので、理解が深まります。また、仏教看護を学んだことで人に対する考え方が変わり、言葉のかけ方や寄り添い方など普段の生活の中から意識するようになりました。この看護観を持ちながら、患者さんの個別性を大切にし、小さな変化にも気がつける信頼感ある看護師になりたいと思っています。

S.Kさん 2年生
京都府立 山城高等学校出身