大学

健康栄養学科 管理栄養士専攻

食と栄養を通してあらゆる人の
健康を支える管理栄養士へ

給食施設や病院での臨地実習により、確かな知識と実践的な技術を身につけます。食と栄養の専門職として社会で活躍できるよう、国家試験合格を目指します。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    多職種連携の力を養い、
    社会のニーズに応える

    少子高齢化や生活習慣の変化に伴い、病院や地域・行政などさまざまな場面で管理栄養士の重要性は高まっています。健康づくりや質の高い医療を推進するには、他職種との連携の中で、適切な栄養・食事管理を行う必要があります。本学では1年次から多職種連携を意識した科目を設置し、社会で求められる力を養っています。

  • 学びPoint

    「Koka Healthy プロジェクト」で
    専門性+αの力を身につける

    「Koka Healthy プロジェクト」では、葉酸卵を使ったレシピコンテストの応募や京野菜を使ったレシピ考案、健康イベントの開催など企業や地域社会と連携した実践型プログラムを実施します。チームで取り組むことで、現状分析や課題発見力、コミュニケーション力を高め、幅広い分野で活躍できる人材へと成長します。

  • 学びPoint

    少人数制を生かした指導で
    国家試験合格をサポート

    1年次より一人ひとりに寄り添った指導を開始します。個別指導により苦手分野の分析・克服を密に行い、基礎学力の定着を徹底。定期的な模擬試験で到達度を把握しながら学習を進め、国家試験合格に向け丁寧にサポートします。

  • 学びPoint

    多職種連携の力を養い、
    社会のニーズに応える

    少子高齢化や生活習慣の変化に伴い、病院や地域・行政などさまざまな場面で管理栄養士の重要性は高まっています。健康づくりや質の高い医療を推進するには、他職種との連携の中で、適切な栄養・食事管理を行う必要があります。本学では1年次から多職種連携を意識した科目を設置し、社会で求められる力を養っています。

  • 学びPoint

    「Koka Healthy プロジェクト」で
    専門性+αの力を身につける

    「Koka Healthy プロジェクト」では、葉酸卵を使ったレシピコンテストの応募や京野菜を使ったレシピ考案、健康イベントの開催など企業や地域社会と連携した実践型プログラムを実施します。チームで取り組むことで、現状分析や課題発見力、コミュニケーション力を高め、幅広い分野で活躍できる人材へと成長します。

  • 学びPoint

    少人数制を生かした指導で
    国家試験合格をサポート

    1年次より一人ひとりに寄り添った指導を開始します。個別指導により苦手分野の分析・克服を密に行い、基礎学力の定着を徹底。定期的な模擬試験で到達度を把握しながら学習を進め、国家試験合格に向け丁寧にサポートします。

取得可能な資格・免許状

管理栄養士(国家試験受験資格)

栄養士

栄養教諭一種免許状

食品衛生管理者(任用資格)

食品衛生監視員(任用資格)

健康運動実践指導者(受験資格)

専門フードスペシャリスト(受験資格)

フードスペシャリスト(受験資格)

フードコーディネーター(3級)

2年連続

第33回 管理栄養士

国家試験合格率

100%

※合格者78名/受験者78名
(2019年3月卒業生実績)

授業紹介

生化学実験Ⅰ

食品栄養学の基礎となる人体の仕組みと働きを、多様な実験を通して学びます。自ら手を動かして実践することで、アミノ酸や糖、たんぱく質、ビタミンなどの基本成分と生物の化学反応といった専門的な知識への理解を深めます。また、実験の基本操作だけでなく、安全に実験をするために必要な心構えや報告書の作成方法、データの整理に必須な数値の取り扱い方などを習得。臨床の場で必要な科学的視点とスキルを養うことを目指します。

臨床栄養学実習Ⅱ

医療・福祉施設における栄養・食事療法の手法について学びます。栄養アセスメントから、献立作成・献立展開、調理、栄養教育の一連の流れを実践することで、体系的に栄養ケアマネジメントを理解。調理実習やロールプレイングを通して、減塩や脂質管理を行うコントロール食の献立立案・調整などを行います。また、小児食物アレルギーや腎臓病などに応じた栄養教育方法についても学びます。

実習ステップ

1年次

調理技術と食品の特性を学ぶ

調理実習基礎・応用 など

基本的な調理技術を学ぶとともに、食品の特性や衛生的な扱いなど、調理学・食品学・食品衛生学の基礎について習得します。

2年次

献立力を高める

食品学実験・栄養学実験
給食マネジメント実習 など

100食の大量調理に向けた調理技術の応用能力を養います。また、栄養学の理論を基に、一人ひとりに必要な栄養を献立に表す力を身につけます。

3年次

管理栄養士の実務を体験
大量調理や栄養管理の理解を深める

臨地実習(大量調理実習)
臨床栄養学実習(献立作成)
食品衛生学実験 など

臨地実習(給食/臨床)では、大量調理技術や病態に応じた栄養管理の実際について理解を深めます。

4年次

公衆栄養に関わる管理栄養士の
実務・役割を学ぶ

臨地実習(保健所実習)
教職実践演習(栄養教諭)など

保健所での臨地実習を通して、地域の人々の健康・栄養の現状を知り、管理栄養士が果たす役割や業務を理解します。

主な実習先

臨地実習Ⅰ(給食施設)[3年次]
8・9月(5日間)

  • 京都市柊野特別養護老人ホーム
  • 京都市小川特別養護老人ホーム
  • 京都老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム 清水苑
  • 認定こども園 たちばな保育園
  • たんぽぽ学園
  • その他事業所給食、学校給食施設 など

臨地実習Ⅱ・Ⅲ(病院)[3年次]
2・3月(10日間)

  • 京都大学医学部附属病院
  • 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 大阪医科大学附属病院
  • 京都第一赤十字病院
  • 洛和会音羽病院
  • 大津赤十字病院
  • 草津総合病院 など

臨地実習Ⅳ(行政)[4年次]
8・9月(5日間)

京都府内の各保健所または京都市内の各保健福祉センター

京都府

京都府管内地域(丹後・中丹・南丹・乙訓・山城)の各保健所(5カ所)

京都市

京都市内の各保健福祉センター
(11~14カ所)

※実習先については、お住まいからのアクセスを考慮して選定します。また、自身で実習先を選ぶ場合もあります。

資格取得までのサポート

管理栄養士を目指す

卒業生メッセージ

信頼される
管理栄養士になるため
今後も学び続けたいです。

中学生のころから栄養士・管理栄養士という職業に憧れて、目標にしていたため、本専攻に入学しました。授業を受けていく中で、1つの食事の影響が特に大きい臨床栄養に興味を持ち始め、臨床に携われる職場に就職したいと考えました。急性疾患の治療を24時間体制で行う急性期病院では、管理栄養士の役割がとても重要であると考え、現在の病院を志望しました。現在は食数管理や献立作成を主に行っています。患者さんの疾患や治療のことをきちんと知らないと根拠のある献立作成ができないため、日々勉強しながら、仕事にあたっています。在学中に経験した100食調理を行う給食実習や栄養教育、献立を立案し治療食への展開を行う臨床栄養の授業など、実践的な授業が役立っています。
大学で身につけた、自分が納得いくまで考え、知らないことはとことん調べるといった姿勢が現在に生きています。
管理栄養士の国家試験に向けた勉強は、不安もありましたが友達同士励まし合いながら乗り越えることができました。先生方も常に気にかけてくださり、学内で会うと必ず声をかけてくださったのが心強かったです。勉強だけでなく、サークル活動にも打ち込むことができ、充実の4年間を過ごすことができました。
今後は、現在の仕事を一人前にできるようになるだけでなく、栄養指導の技術も身につけ、どんな仕事も安心して任せてもらえる、信頼される管理栄養士を目指していきたいです。

京都第二赤十字病院
栄養課 管理栄養士
健康科学部 健康栄養学科 管理栄養士専攻 2018年度卒業
(滋賀県立 石山高等学校出身)

※ 学部・学科名は入学時のものです。

就職

就職率100%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2020年3月卒業生実績

目指せる進路・就職先

医療・福祉施設(病院・福祉施設など)

企業(食品系商品開発・品質管理・販売 など)

給食関連企業・外食産業

大学院進学

行政(保健所・学校 など)

など

社会医療法人 生長会 / 医療法人千徳会 桜ヶ丘病院 / 大阪医科大学附属病院 / 医療法人倖生会身原病院 / 一般財団法人京都地域医療学際研究所 がくさい病院 / 医療法人社団 千春会 / 京都第一赤十字病院 / 医療法人 河端病院 / 社会福祉法人 京都白百合保育園 /(株)ロマンライフ / たねやグループ / オリジン東秀(株)/ キユーピー醸造(株)/(株)ロック・フィールド / ニコニコのり(株)/月島食品工業(株)/(株)伊藤園/持田製薬(株)/(株)ファンデリー /(株)ユタカファーマシー /(株)ココカラファインヘルスケア /(株)スギ薬局/(株)美高商事 / 一富士フードサービス(株)/ エームサービス(株) など

※就職実績は過去3カ年のものです

医療現場で働く管理栄養士は、チーム医療に参加することも求められます。特にNST※は管理栄養士が中心となり、看護師や医療ソーシャルワーカー、言語聴覚士などの他職種と連携しながら、栄養障害やそのリスクを抱えた入院患者の支援をします。本専攻では同じ学部内でさまざまな医療系専門職を養成している特徴を生かし、在学中から現場での連携や他職種への理解を深めることができます。患者さんの病態や症状をきちんと把握した上でチームの中心となって最適な栄養指導や献立提案を行う力を養います。
※栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)

Koka Healthy プロジェクトとは、学生一人ひとりの夢を叶えるため、学生と教職員の共同プロジェクトとして立ち上げた取り組みのことで、学生は実践型の教育プログラムとしての科目を段階的に履修していきます。1年次に、自分の適性や将来についてしっかり考えます。2年次では、セルフマネジメント(自己管理能力)に必要な理論や経営・ビジネス等を学習します。これらの学習を踏まえ、3年次では、自分の興味・関心から選択したテーマに沿って、社会・地域・企業と連携した実践型学習を行います。レシピコンテスト「葉酸たまご甲子園」に参加するなど、実社会とつながりながら、トライアル&エラーを繰り返し、企画力・プレゼンテーション力・実践力を高めます。すべての体験が自信となり、自分の成長につながるとともに、将来の進路選択のベースにもなります。

本学の管理栄養士専攻は、2年連続国家試験合格率100%を誇っています。その理由は、教職員による丁寧なサポート。1~3年次には、国家試験を意識した課題の添削、2・3年次には過去問ミスノートの作成、4年次には国家試験対策授業「総合演習Ⅲ」の設置や年10回の模擬試験を実施。また、クラスアドバイザーによる個別の学修状況の聞き取りや自習出席カードにより、自学自習もサポートします。国家試験直前には、苦手分野補習を行い、徹底的に対策を行います。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

橋口 美智留 講師

知識や実践力だけでなく、
将来なりたい姿を一緒に考えていきましょう。

管理栄養士の活躍の場は幅広く、乳幼児からお年寄りまで、さまざまな人の健康に携わることができます。「どこで働きたいか」だけでなく、「どのような管理栄養士になりたいか」を考えることが大切。資格取得に必要な知識や実践力を身につけるだけでなく、将来なりたい姿を一緒に考えていきましょう。

一人ひとりに合った食事を考え、
健康を支えられるよう学びを深めています。

食事をする方の年齢層や健康状態に合わせた献立の立案を学んでいます。特に力を入れて取り組んだのは臨床栄養学実習。治療食を提供する病院では効率良く複数のメニューを同時に調理することが大切だと知り、献立作成時から提供する現場を意識するようになりました。また、100人分の調理を行う大量調理実習では、これまで学んだ知識や技術を実践。グループで役割分担をしたり、人の動線を考えたりと念入りに準備を行い、効率の良い調理ができたときに非常にやりがいを感じました。将来は管理栄養の知識を生かして、地域で暮らす人々に栄養相談を行う職業に就きたいと考えています。地域住民に寄り添い、健康を支えることのできる管理栄養士を目指します。

S.Mさん 3年生
徳島市立高等学校出身