大学

医療福祉学科 言語聴覚専攻

ことばや聞こえ、飲み込みに
障がいがある人々を支援する専門職
言語聴覚士へ

各専門職と連携しチーム医療に応えることのできる、リハビリテーションの専門職「言語聴覚士」を育成。臨床実習などを通して現場で活躍するプロから学びます。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    ことばと聞こえのプロである
    言語聴覚士を養成

    ことばや聞こえなどのコミュニケーション障がいや、食べること(飲み込み)の問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士。医療、福祉、教育機関など幅広い領域で活躍できます。就業時間が規則的で女性が安心して働き続けられる職業です。

  • 学びPoint

    他学科との連携でチーム医療に
    応えるスペシャリストを育成

    医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキル、医療人として患者さんを支えるおもいやりの心を育みます。一人ひとりの学生に個別に対応し、実習のサポートや補習も行っています。

  • 学びPoint

    現場のプロから学び、臨床現場での実習を体験

    現役で活躍する医師や言語聴覚士が、医学系講義や演習科目を指導。言語聴覚障がいの当事者やご家族の方などから直接話を聞く授業も用意しています。さらに医療施設や老人保健施設など実習先も充実しており、現場との連携で医療面に強い言語聴覚士を育てます。

  • 学びPoint

    ことばと聞こえのプロである
    言語聴覚士を養成

    ことばや聞こえなどのコミュニケーション障がいや、食べること(飲み込み)の問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士。医療、福祉、教育機関など幅広い領域で活躍できます。就業時間が規則的で女性が安心して働き続けられる職業です。

  • 学びPoint

    他学科との連携でチーム医療に
    応えるスペシャリストを育成

    医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキル、医療人として患者さんを支えるおもいやりの心を育みます。一人ひとりの学生に個別に対応し、実習のサポートや補習も行っています。

  • 学びPoint

    現場のプロから学び、臨床現場での実習を体験

    現役で活躍する医師や言語聴覚士が、医学系講義や演習科目を指導。言語聴覚障がいの当事者やご家族の方などから直接話を聞く授業も用意しています。さらに医療施設や老人保健施設など実習先も充実しており、現場との連携で医療面に強い言語聴覚士を育てます。

取得可能な資格・免許状

言語聴覚士(国家試験受験資格)

高まるニーズ

国家試験合格者累計(2018年3月時点)

言語聴覚士はリハビリテーションの専門職の中でも極めて人材が不足しています。

日本言語聴覚士協会 会員男女比(2018年3月時点)

言語聴覚士は女性の割合が高く、女性の活躍が期待できます。

[引用:各協会および厚生労働省HP]

授業紹介

言語発達障害学ⅠA(各論)

特異的言語発達障害、知的障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、自閉症スペクトラム、脳性麻痺・重複障害などが原因の言語・コミュニケーション障害について、必要な基礎的知識を身につけます。またそれに伴い、適切な評価・診断法、さらに有効な訓練・指導法や支援体制についても学習。検査を行った際の被検者の反応なども具体例を基に学び、ロールプレイを通して、言語発達障害について客観的に理解を深めます。

聴覚障害学演習

1・2年次に学んだ検査法を、実際に検査機器を用いて行う演習形式の授業です。どの検査も臨床で習熟すべきものなので、学生同士で被検者役と言語聴覚士役を担い、ロールプレイを実施。言語発達障害の臨床に用いる各種の発達検査や知能検査の特性を理解した上で、検査実施・結果算出の方法を学びます。被検者の立場を理解しながら真剣に取り組み、最終的には国家試験問題に対応できる高い知識・技術を身につけます。

実習ステップ

1年次

言語聴覚士の仕事を初めて体感する

1日見学実習[11月]

臨床現場で働く言語聴覚士の仕事を実際に見学し、大学で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの症状を観察します。

2年次

専門知識を基に演習科目で実践力を高める

摂食嚥下障害学演習

専門科目の講義で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの言語症状をおおまかに捉えること、訓練や指導の目的を考えることを目標に学習します。

3年次

知識を実践で試す

臨床実習(評価実習)[2〜3月(4週間)]

訓練、指導を見学しながら、患者(利用者)さんの言葉や反応を記録する練習を実施。その後、授業で学んだ検査の実施や症状の評価を実践の場でトレーニングし、確かなスキルを身につけます。

4年次

訓練・指導プログラムを立て実践する

臨床実習(総合実習)[6〜8月(8週間)]

評価実習で学んだ症状の評価方法を再確認し、その結果に基づいた訓練・指導プログラムを立案し、実際の訓練・指導までを実習します。さらに他職種との連携などチーム医療の最前線も学びます。

主な実習先

京都エリア

  • 京都第一赤十字病院
  • 京都市立病院
  • 京都南病院グループ
  • 十条武田 リハビリテーション病院
  • 京都医療センター
  • 京都大原記念病院
  • 洛西シミズ病院
  • 宇多野病院
  • 京都武田病院
  • 京都民医連第二中央病院
  • 京都桂病院
  • 京都リハビリテーション病院
  • 愛生会山科病院
  • 洛和会音羽病院
  • 京都久野病院
  • 日本バプテスト病院
  • あじさいガーデン伏見
  • 京都市児童療育センター「きらきら園」
  • 宇治徳洲会病院
  • 宇治武田病院
  • 京都きづ川病院
  • 田辺中央病院
  • 舞鶴赤十字病院
  • 綾部ルネス病院
  • 京丹後市立弥栄病院
  • 丹後中央病院

滋賀エリア

  • 大津市民病院
  • ヴォーリズ記念病院
  • 南草津病院
  • 甲西リハビリ病院
  • 高島市民病院
  • 琵琶湖中央病院
  • 草津総合病院

大阪エリア

  • 愛仁会高槻病院
  • 大阪南医療センター
  • 美杉会男山病院
  • 水無瀬病院
  • 明生病院
  • 大阪府済生会茨木病院
  • 東大阪病院

など

国家試験合格までのサポート

言語聴覚士を目指す

医療福祉学科 言語聴覚専攻(2019年3月卒)国家試験合格状況

「第21回 言語聴覚士国家試験」合格率:60% (合格者数12名 / 受験者数20名[卒業生21名])

就職

就職率100%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2018年3月卒業生実績

目指せる進路・就職先

総合病院

障害者福祉センター

リハビリテーション専門病院

小児療育センター

老人保健・福祉施設

通園施設

など

一般財団法人 岸和田農友協会 岸和田平成病院 / 医療法人明倫会 宮地病院 / 医療法人社団石鎚会 田辺中央病院 / 医療法人医誠会 医誠会病院 / 医療法人医誠会 摂津医誠会病院 / 医療法人協和会 千里中央病院 / 医療法人社団 アール・アンド・オー静清リハビリテーション病院 / 医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 / 医療法人尚和会 宝塚リハビリテーション病院 / 医療法人真生会 真生会富山病院 / 大原記念病院 / 公益財団法人 丹後中央病院 / 公益社団法人 信和会 京都民医連第二中央病院 / 社会医療法人 岡本病院(財団)京都岡本記念病院 / 社会福祉法人 恩賜財団済生会支部 三重県済生会 明和病院 / 武田病院グループ / 洛和会ヘルスケアシステム / 公益社団法人 京都保健会 京都民医連中央病院 / 社会医療法人生長会 府中病院 ほか

※就職実績は過去2カ年のものです

卒業生メッセージ

患者さんがまた話せるように、
食べられるようになる。
その瞬間が何よりも嬉しい。

現在は病院に勤務しており、言葉や食事に障がいのある患者さんのリハビリテーションを担当しています。うまく話せなかったり、食事が摂れなかったりした患者さんが徐々に回復し、元気に退院していく姿を見るとやりがいを感じます。リハビリでは個室で患者さんと一対一でお話をすることが多く、信頼関係をいかに築いていくかがとても重要です。大学で学んだ人との接し方や相手の立場になって考える力を生かし、不安な気持ちを抱える患者さんの気持ちに寄り添いながら、サポートしています。また、仕事では看護師や理学療法士など他職種との連携が不可欠です。授業のグループワークやディスカッション、演習を通して身についた積極性を生かし、他職種の方とのコミュニケーションを図っています。私が言語聴覚士を目指し始めたのは、高校の先生から勧められたことがきっかけでした。そして、言語聴覚専攻の1期生として入学。1年次から患者さんの声を聞く機会があり、驚きや発見が多く、勉強に対する意識を高く保つことができたと思います。国家試験の勉強も先生方からの手厚いご指導もあって、無事乗り越えることができました。言語聴覚士として働き始めて1年。まだまだ知識や経験が必要だと感じることもありますが、患者さんの役に立つというかけがえのない経験を重ねていきたいと思います。医療に携わりたいと考える受験生の皆さんにも、ぜひ言語聴覚士の仕事の魅力を知ってもらいたいです。

社会医療法人 岡本病院(財団) 京都岡本記念病院 言語聴覚士
医療福祉学科 言語聴覚専攻 2017年度卒業
(京都府立 菟道高等学校出身)

KOKA☆オレンジサポーターズ

食べる機能が低下した高齢の方や障がいのある方に対する地域での支援を学び、それらの方々に飲み込みやすい和菓子の開発や、食べる機能を維持することの啓蒙イベントなど、学生にできる支援を行っています。地域の方々を大学にお招きする「KOKA☆オレンジサロン」も定期的に開催しています。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

水谷 八千代 助教

知識と経験を重ね続け
積極的に学ぼうとする姿勢を大切に。

本専攻での学びは高校の学習の延長ではなく、新しいことがほとんど。学生たちは毎日のように「初めて」と出会っています。まっさらな状態で入学した学生も徐々に実力をつけ成長しています。言語聴覚士は知識と経験を重ね続ける職業ですので、自ら積極的に学ぼうとする姿勢を大切にしてほしいと思います。

W.Sさん 2年生
岡山県 私立就実高等学校出身

実践的な演習など具体的な学びが多く、
言語聴覚士に必要な確かな知識が身につく。

言語聴覚士という共通の目標を持った仲間たちと共に、臨床現場での経験豊かな先生方から指導を受けながら学んでいます。講義の中で現場での具体的な症例などが聞けるので理解が深まります。演習を通して、実際にゼリーやおかゆなどの嚥下食を試食して比較をしたり、ベッドを使った食事の姿勢を体験したりと、実践形式の学びも多く、楽しく知識を習得できています。京都光華は話しやすい先生方が多く、実習先も豊富なので、自分の進みたい進路を見つけやすい環境だと思います。言語聴覚士としての正確な知識と、対象者に寄り添った考え方でサポートができるよう、国家試験合格に向けてがんばりたいです。