大学

医療福祉学科 言語聴覚専攻

実践力と豊富な医療知識を備えた
言語聴覚士へ

各専門職と連携しチーム医療に応えることのできる、ことばと聞こえ・食べることの障がいを支援するプロフェッショナルを育成します。臨床実習などを通して現場で活躍するプロから学びます。

学びのポイント

  • 学びPoint

    ことばと聞こえのプロである言語聴覚士を養成

    言葉や聞こえなどのコミュニケーション障がいや、食べること(飲み込み)の問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士。医療、福祉、教育機関など幅広い領域で活躍できます。就業時間が規則的で女性が安心して働き続けられる職業です。

  • 学びPoint

    他学科との連携でチーム医療に応えるスペシャリストを育成

    医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキル、医療人として患者さんを支えるおもいやりの心を育みます。一人ひとりの学生に個別に対応し、実習のサポートや補習も行っています。

  • 学びPoint

    現場のプロから学び、臨床現場での実習を体験

    医師や言語聴覚士といった現役で活躍するプロが、教員として医学系講義や演習科目を指導。現場で生かせる実践力を養います。さらに武田病院グループなどの医療施設や老人保健施設など実習先が充実。現場との連携で医療面に強い言語聴覚士を育てます。

  • 学びPoint

    ことばと聞こえのプロである言語聴覚士を養成

    言葉や聞こえなどのコミュニケーション障がいや、食べること(飲み込み)の問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士。医療、福祉、教育機関など幅広い領域で活躍できます。就業時間が規則的で女性が安心して働き続けられる職業です。

  • 学びPoint

    他学科との連携でチーム医療に応えるスペシャリストを育成

    医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキル、医療人として患者さんを支えるおもいやりの心を育みます。一人ひとりの学生に個別に対応し、実習のサポートや補習も行っています。

  • 学びPoint

    現場のプロから学び、臨床現場での実習を体験

    医師や言語聴覚士といった現役で活躍するプロが、教員として医学系講義や演習科目を指導。現場で生かせる実践力を養います。さらに武田病院グループなどの医療施設や老人保健施設など実習先が充実。現場との連携で医療面に強い言語聴覚士を育てます。

取得可能な資格・免許状

言語聴覚士(国家試験受験資格)

高まるニーズ

国家試験合格者累計(2017年3月現在)

言語聴覚士はリハビリテーションの専門職の中でも極めて人材が不足しています。

日本言語聴覚士協会
会員男女比(2017年3月時点)

言語聴覚士は女性の割合が高く、女性の活躍が期待できます。

[引用:各協会および厚生労働省HP]

授業紹介

音響学

「音とは何か?」「なぜヒトは音を聞き分けることができるのか」について理解し、それらの知識から、聴力検査や補聴器の構造・機能などの基礎的な学びにつなげます。

失語症演習

失語症について「面接で情報を収集する」「各種の検査を実施する」「訓練プログラムを立案する」「訓練を行う」という一連の内容を理解し、そのスキルを身につけます。

言語発達障害学演習

言語発達障がいの評価に用いる各種の発達検査や知能検査について、その特性を理解し、検査を実施して結果を算出する方法までを学びます。

実習の流れ

1年次

言語聴覚士の仕事を
初めて体感する1日見学実習

[11月]

臨床現場で働く言語聴覚士の仕事を実際に見学し、大学で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの症状を観察します。

実習生
VOICE

実習に向け、マナー・敬語や基本的な知識を基礎ゼミで学びました。実際に現場で言語聴覚士や患者さんを見学したことで、言語聴覚士として働く様子をイメージできるようになりました。見学実習は、知識と現場での実務をつなげて理解を深めることができます。

2年次

専門知識を基に演習科目で
実践力を高める

2年次では専門科目の講義で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの言語症状をおおまかに捉えること、訓練や指導の目的を考えることを目標に学習します。

実習生
VOICE

さまざまな演習の授業で検査の実施方法を何度も練習。また、検査場面やICUでのリハビリを見学してみて、言語聴覚士の仕事の幅広さを実感することができ、言語聴覚士になりたいという思いがより強くなりました。

3年次

知識を実践で試す
臨床実習(評価実習)

[2〜3月(4週間)]

訓練、指導を見学しながら、患者(利用者)さんの言葉や反応を記録する練習を行います。その後、授業で学んだ検査の実施や症状の評価を実践の場でトレーニングし、確かなスキルを身につけます。

実習生
VOICE

初めての長期実習で担当の患者さんを受け持ち、回復期のリハビリを実施。不安もありましたが、先生からの“大丈夫だよ”という言葉に気持ちが和らぎました。反応を一つひとつ丁寧に分析することの大切さを知りました。

4年次

訓練・指導プログラムを立て
実践する臨床実習(総合実習)

[6〜8月(8週間)]

評価実習で学んだ症状の評価方法を再確認し、その結果に基づいた訓練・指導プログラムを立案し、実際の訓練・指導までを実習します。さらに他職種との連携などチーム医療の最前線も学びます。

実習生
VOICE

日々症状が変わる患者さんを担当し、障がいと向き合い生きることの難しさを実感。自分自身の成長を強く感じました。将来は、患者さんやそのご家族の思いに寄り添いサポートできる言語聴覚士になりたいです。

主な実習先

京都エリア

  • 京都市立病院
  • 京都南病院グループ
  • 十条武田リハビリテーション病院
  • 京都医療センター
  • 京都大原記念病院
  • 洛西シミズ病院
  • 宇多野病院
  • 京都武田病院
  • 京都民医連第二中央病院
  • 京都桂病院
  • 京都リハビリテーション病院
  • 愛生会山科病院
  • 洛和会音羽病院
  • 京都久野病院
  • 日本バプテスト病院
  • あじさいガーデン伏見
  • 京都市児童療育センター「きらきら園」
  • 宇治徳洲会病院
  • 宇治武田病院
  • 京都きづ川病院
  • 田辺中央病院
  • 舞鶴赤十字病院
  • 綾部ルネス病院
  • 京丹後市立弥栄病院
  • 丹後中央病院

滋賀エリア

  • 大津市民病院
  • ヴォーリズ記念病院
  • 南草津病院
  • 甲西リハビリ病院
  • 高島市民病院
  • 琵琶湖中央病院
  • 草津総合病院

大阪エリア

  • 愛仁会高槻病院
  • 大阪南医療センター
  • 美杉会男山病院
  • 水無瀬病院
  • 明生病院
  • 大阪府済生会茨木病院
  • 東大阪病院

など

国家試験合格までのサポート

言語聴覚士を目指す

ダウンロード

point1国家試験を意識した基礎学習

各科目において、授業の進行に合わせて、過去の国家試験で出題された問題をピックアップして学習します。前期・後期に行われる定期試験においては、国家試験形式で出題される科目もあります。

point2豊富な模擬試験と手厚いフォロー

模擬試験終了後には、正答率の低かった問題を中心に教員が解説・指導を行います。また、クラスアドバイザーによる個別面談で苦手な科目への取り組み方のアドバイス、次回の模擬試験での目標設定等を行います。

point3仲間と知識を共有し高め合う

専門ゼミで少人数グループ学習と個別指導を併用した国家試験対策授業を実施。グループ学習では、過去問の出題傾向を分析して作成された関連問題を数多く解き、分野ごとに内容をグループ内で共有して知識を深めます。

医療福祉学科 言語聴覚専攻1期生(2018年3月卒)国家試験合格状況

「第20回 言語聴覚士国家試験」合格率:66.7% (合格者数26名 / 受験者数39名【卒業生41名】)

就職

就職率100%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2018年3月卒業生実績

主な就職先

京都岡本記念病院、武田病院グループ、京都民医連中央病院、丹後中央病院、田辺中央病院、茨木医誠会病院、千里中央病院、大阪医科大学 三島南病院、宝塚リハビリテーション病院、三重県済生会 明和病院、琵琶湖養育院病院、京都ライフサポート協会、京都福祉サービス協会 ほか

内定者メッセージ

さまざまな施設で働き、
言語聴覚士として成長し続けたいです。

医療現場で働きたいという思いがあり、職業を調べる中で知った言語聴覚士。日常生活に不可欠な「話す・聞く・食べる」を専門的に支援する点に魅力を感じ、入学を決めました。8週間の「総合実習」では患者さんを担当し、検査や訓練を実施。相手の意図をくみ取り、楽しんで話せる話題を見つけるなど、普段のコミュニケーションから信頼関係を築くことが大切だと実感。実習先である府中病院で指導いただいたアドバイザーの方に憧れて就職活動を始め、内定をいただきました。病院や介護老人保健施設などでも働くことができる生長会では、幅広い年代、症状の患者さんと接し、学ぶ機会が多くあると考えています。大学の4年間の経験を糧に、さまざまな患者さんとご家族に寄り添える言語聴覚士になりたいです。

社会医療法人 生長会 府中病院 リハビリテーション科 内定
(大阪府 私立羽衣学園高等学校出身)

1年生対象の基礎ゼミは、4年間の学びのスタートとしてとても重要な授業です。その内容は、大学での主体的な学びへの心構えを築くことと、言語聴覚士の幅広い専門職について具体的に深く知る、ということの二つです。声を出して話す・相手の意見を聞き合う、専門用語を用いた読み書きのリテラシーなどのスキルの向上を目指します。また、チームで取り組むときに関わる看護師・理学療法士・作業療法士等の専門職種や、言語聴覚障がいの当事者やご家族の方など多彩なゲストスピーカーを招き、直接お話を伺う貴重な時間でもあります。4年間、共に学ぶ大切な仲間と、親身に指導するクラスアドバイザー。大学生活の基盤がここから始まります。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

高井 小織 講師

人を支えるという大きな
やりがいがあります。

言語聴覚士になるためには、医学や社会福祉など多様な分野の専門知識が必要です。言葉・聞こえ・飲み込みの側面から、人の暮らしに重要なコミュニケーションを支えるやりがいのある仕事です。学生には積極的に人と関わり、課題を抱える人に対して「力になりたい」と思える心を育んでほしいですね。

H.Yさん 4年生
静岡県 私立常葉学園高等学校出身

ことばの障害を持つ人の
不安を和らげたい。

専門性が高く難しい授業もありますが、映像教材を用いて先生が丁寧に解説してくださいます。演習が充実しており、病院実習もあるので、耳の検査やことばのリハビリに必要な知識や技術を実践的に習得することができます。障がいを持ち苦しむ人を支える言語聴覚士になりたいです。