大学

健康科学部

地域社会に不可欠な
保健・医療・福祉の連携を学ぶ

ストレス社会や人々の健康志向の高まりにともない、医療、健康、福祉などへのニーズが多様化しています。 本学部ではこうしたニーズに対応できるよう、学部内の学生たちが学科や専攻の枠を超え、学びを深める「多職種連携教育(IPE)」を行い、高度な専門知識と優れた技能、そしておもいやりの心をもった医療、健康、福祉などの分野で活躍する専門職を、実践的なカリキュラムのもと養成します。

学びのポイント

  • 学びPoint

    専門職が連携・協働してケアを
    チーム医療

    医療現場では主治医を主体としたこれまでの医療体制から、複数の医療専門職がお互いに尊重し合い、対等に連携しながらそれぞれの役割を果たし、患者を身体面だけでなく、生活面、社会面、心理面からもサポートする「チーム医療」が現在の主流になっています。

  • 学びPoint

    チームで力を発揮できる人材へ
    多職種連携教育(IPE)

    健康科学部では、学部内の学生たちが学科や専攻の枠を超え、学びを深める「多職種連携教育」を行っています。各専門職の役割や目的、視点の違いへの理解を深め、チームで医療やケアを担うために、コミュニケーション能力、情報の共有化、チームマネジメントなどのスキルを磨きます。

  • 学びPoint

    専門職が連携・協働してケアを
    チーム医療

    医療現場では主治医を主体としたこれまでの医療体制から、複数の医療専門職がお互いに尊重し合い、対等に連携しながらそれぞれの役割を果たし、患者を身体面だけでなく、生活面、社会面、心理面からもサポートする「チーム医療」が現在の主流になっています。

  • 学びPoint

    チームで力を発揮できる人材へ
    多職種連携教育(IPE)

    健康科学部では、学部内の学生たちが学科や専攻の枠を超え、学びを深める「多職種連携教育」を行っています。各専門職の役割や目的、視点の違いへの理解を深め、チームで医療やケアを担うために、コミュニケーション能力、情報の共有化、チームマネジメントなどのスキルを磨きます。

社会のニーズに応える京都光華ならではの学び専門職としてチーム医療や地域包括ケアを担う存在へ

健康科学部(健康栄養学科・医療福祉学科・心理学科・看護学科)では、学部内の学生たちが学科や専攻の枠を超え、学びを深める「多職種専門職連携教育」を行っています。

専門職連携について段階的に学び、各専門職の役割や目的、視点の違いへの理解を深めます。各分野の専門職と共に、チーム医療や地域包括ケアに取り組むために必要なコミュニケーションスキルを磨くことができます。

STEP11年次各専門職への理解を深める

健康科学部の1年生必修科目「専門職の連携(基礎)」では、学部の4年生や専門職者としてユニークな活動をされている方から話を聞き、多様な専門職像をイメージします。そして、講演の内容をもとに「連携」をキーワードにしたグループワークを行い、授業の最後には総まとめとして、学科を超えた学生たちの自由な発想をプレゼンテーションします。

STEP21〜4年次多職種連携について学ぶ

他学科の学生と共に学ぶ学部共通開講科目を用意。また、授業の中で他の専門職の方をゲストスピーカーに招いたり、連携の現場を見学したりすることもあります。他の専門職の意識や視点に触れながら学習する環境を整えています。

包括的ヘルスケア論

包括的ヘルスケアやチーム医療の現状を学習します。

生命倫理

ターミナルケア

[ 授業の一例 ]
看護学科 「在宅看護学演習」
医療ケアの必要なお子さんとご家族をお招きし、他職種との連携の実際について学びます。

※学科によっては履修できない科目もあります。

STEP34年次多職種連携の実践

実際の事例などを検討して専門職連携の実践と理解を深めます。
学科の枠を超えたグループで、専門職連携の意義と実践方法を学びます。専門職が連携して支援する事例の学習に取り組み、成果を発表し、専門家のアドバイスを受けます。

グループワーク

学科横断型のグループ編成で具体的な事例を設定し、各専門職の役割を考えます。

成果発表会

事例研究の成果を4年間の学びのまとめとして発表します。

一人ひとりに合わせた資格取得

健康科学部では、各学科・専攻において独自の国家試験対策サポートを行っています。夢を実現するために、国家試験に合格し、社会に貢献できる人材を育てるため、グループ学習や個別指導など、しっかりと知識を定着させる取り組みに力を入れています。

各学科・専攻別の国家試験対策