大学

こども教育学科 学校教育コース

豊富な現場体験により、
子どもの個性を磨き育む学校教員へ

小学校教諭一種免許状に加え、幼稚園教諭一種免許状の取得を目指します。小学校9教科の高い教育技術と英語教科化への対応力も育成します。

授業や学生の様子など、
随時更新中!

学びのポイント

  • 学びPoint

    「小学校」と「幼稚園」の
    教員免許状取得を目指す

    小学校教諭一種免許状に加え、幼稚園教諭一種免許状の取得を目指します。双方の視点を持つことで、児童の個性を引き出し、確かな学力と豊かな心を育成できる教員を育てます。1年次から教員採用試験合格に向けてのサポート体制も充実しています。

  • 学びPoint

    豊富な現場体験により「子どもを見る確かな目」を養う

    1年次から併設の光華小学校でプレ・インターンシップを行うことで、2年次以降に行う公立小学校でのインターンシップやボランティアに備えます。これらの経験を3年次の教育実習に生かし、現場で活躍する小学校教員を育てます。

  • 学びPoint

    教師に必要な研究・指導力の基盤を身につける4年間のゼミ

    4年間を通して、ゼミによる少人数制度を採用し、学生一人ひとりに応じた指導や支援を手厚く行っています。その中で、教材や教育方法を自ら開発する基礎力を備えた、研究・指導力の高い教員を育てます。

  • 学びPoint

    「小学校」と「幼稚園」の
    教員免許状取得を目指す

    小学校教諭一種免許状に加え、幼稚園教諭一種免許状の取得を目指します。双方の視点を持つことで、児童の個性を引き出し、確かな学力と豊かな心を育成できる教員を育てます。1年次から教員採用試験合格に向けてのサポート体制も充実しています。

  • 学びPoint

    豊富な現場体験により「子どもを見る確かな目」を養う

    1年次から併設の光華小学校でプレ・インターンシップを行い、2年次以降に行う公立小学校でのインターンシップやボランティアに備えます。これらの経験を3年次の教育実習に生かし、現場で活躍する小学校教員を育てます。

  • 学びPoint

    教師に必要な研究・指導力の基盤を身につける4年間のゼミ

    4年間を通して、ゼミによる少人数制度を採用し、学生一人ひとりに応じた指導や支援を手厚く行っています。その中で、教材や教育方法を自ら開発する基礎力を備えた、研究・指導力の高い教員を育てます。

取得可能な資格・免許状

小学校教諭一種免許状

幼稚園教諭一種免許状

保育士資格※1

社会福祉主事(任用資格)

※1 一定の基準をクリアすれば、取得を目指すことも可能です。

授業紹介

理科

小学校理科の3~6年生の各内容について理解します。子どもたちが観察・実験を通して問題解決能力・科学的な考え方を養うための指導内容を学びます。講義を中心に、観察や実験、野外学習などを行いながら、自然から直接学ぶことの意義を体験的に習得。生物や大地などの自然素材を教材化する力を養います。本で学ぶより実物に触れ、学んだことを確かめるという視点を持って、授業に取り組む姿勢を身につけます。

プレゼミⅡ

学校教育に関する各自の関心をテーマに、文献の収集方法や発表資料のまとめ方、討論、レポートの作成などについて学習し、学びの基礎となる問題発見・解決能力を身につけます。少人数グループで情報収集やディスカッションなど演習を中心に行い、適切な指導方法について学びます。また、併設の光華小学校・京都光華中学校・京都光華高等学校、京都市内の公立小学校の研究発表会(研究授業)にも参加し、基本的な指導案・授業への理解を深めます。

実習ステップ

1年次

プレ・インターンシップ

前期から、併設の光華小学校・光華幼稚園の授業参観を実施します。授業の様子から学びとった事柄を整理してまとめ、ポスター発表の仕方を学び、発表力を磨きます。

2年次

インターンシップ

ボランティア先の小学校で、半年間インターンシップを行います。その経験をその都度大学の授業で振り返ることで、体験と理論をスムーズに結びつけます。

3年次

小学校教育実習

9月[4週間]

これまでの経験を基に、出身の小学校を中心に4週間の教育実習を行います。ボランティアやインターンシップで関わってきた学校での実習は、大きな自信と意欲を生み出します。

3~4年次

教師塾※1

希望者のみ

各地域で行われている「教師塾」に参加し、実践の幅を広げることもできます。

※1「教師塾」とは?:大学で身につけた専門的知識を基盤に、教員として求められる資質や実践的指導力を磨くため、教育委員会が開いている講座です。

2年次〜4年次[課外]

ボランティア

2年次の9月から、インターンシップ先の小学校でボランティア活動を行います。3年次の5月からは、それぞれの出身小学校を中心にボランティア活動を行います。子どもとの関わり合いを継続することで、教育者としての現場経験を積み重ねます。

学校教育コースの実習

介護等体験

施設:2年次8月[5日間] 特別支援学校:2年次後期[2日間]

…京都、滋賀、大阪

小学校教育実習

3年次9月[4週間]

…各自出身校での実習
その他、京都市内での実習※
※出身校が遠方のため京都市内での実習を希望する場合のみ

教員採用試験合格までのサポート

小学校教論を目指す

教職・保育職支援センターでのサポート

学科外でも、センター員が中心となり、採用試験に向けた対策サポートを行っています。教職課程における履修相談を始め、教育実習に関する相談にも対応。ボランティアを始めるためのガイダンスや、教育実習事前ガイダンスなども実施し、採用試験までの学習ステップを丁寧にサポートします。自主学習を支援する自主勉強会も開いています。

内定者メッセージ

身につけた幅広い視野を生かして、
子どもの人生に寄り添える教員を
目指したい。

小学校の教師になることが夢でした。高校時代の先生から京都光華を紹介していただき、ICT機器などの設備も整っているところに魅力を感じて志望しました。少人数制なので先生方との距離が近く、細かい変化にまで気づいてサポートしてくださるところも魅力です。授業も多彩に開講されており、小学校で子どもと触れ合うプレ・インターンシップに始まり、先生の紹介で実際に小学校の研究会に参加させていただいたり、調査に同行したりと現場に赴いて学ぶ機会がたくさんありました。また、京都市の小学校で行う学生ボランティアなどさまざまなボランティアやワークショップにも積極的に参加。豊富な体験を通して人間としての幅を広げられるよう意識して行動していました。4年間で一番成長を感じたのは、視野が広がったことです。大学で学んだことを繰り返し現場で実践することで、“ものの見方”を変えることができました。また、多くの人やものに出会えたのも大きかったと思います。就職後は、生まれ育った京都市で小学校教諭として働きます。これまで学んできたことを生かし、子ども一人ひとりの人生を背負っているということを意識して、それぞれの学校生活に寄り添える教員になりたいと考えています。

京都市立 小学校教諭に内定 ※ 2019年2月時点
こども教育学部 こども教育学科 学校教育コース 2019年度卒業
(京都府立 京都すばる高等学校出身)

就職内定率

就職内訳グラフ

教育・学習支援業73% (8名/就職予定者11名中)

主な内定先

公立小学校(京都市、大阪府、滋賀県) / 公立小学校常勤講師、学習支援業、
児童福祉施設 / 一般企業(日本郵便(株)、(株)ヴァリック)

グローバル化時代を迎え、本学科では、小学校や幼稚園・保育園で子どもたちに英語を指導できる力が身につくよう、工夫したカリキュラムを組んでいます。1年次の教養科目で通年週2回の英語の授業を行い、その時間の一部でこども英語を学び、さらに英米の絵本を用いて、語彙や文法を習得します。3年次から4年次にかけ、本学科の専門科目として、「第二言語習得論」「英語の発音」「多文化理解」などから、進路に応じた選択をすることで確かな英語指導力が身につきます。また、学んだ英語を活用する場として、海外の生徒・学生との交流活動にも積極的に取り組んでいます。

実践の場がすぐそばに。併設の光華小学校や京都市教育委員会と連携し、現場体験を重ねる

光華小学校は本学に併設されています。その近さを生かし、プレ・インターンシップとして、小学校の授業を参観し、現場の状況を肌で感じとるとともに、これからの自分の学びについて課題を明確にします。大学の教室に戻ってその体験を振り返るようにしています。プレ・インターンシップで身につけた視点を、2年次以降のインターンシップ、さらには3年次の教育実習につなげていきます。また、京都市教育委員会との相互連携に関する協定を結んでおり、京都市の市立小学校でインターンシップやボランティアに取り組んでいます。このように、多様な教育現場での豊富な現場体験が京都光華の魅力になっています。

1年次から、教員採用試験に向けた学生主体の研究会を実施しています。学生本人たちの学びの意欲を促進し、自主学習の手助けをするため、教員が進め方や学習方法をアドバイス。早期から行うことで、学びの習慣が身につき、スムーズに学習を進めることができるようになります。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

個々の長所を伸ばし
魅力的な教育者を育てます。

学生と接する際は、個々の長所を伸ばす指導を心掛けています。本学科の学生たちに求めるのは、現場で学び続ける教員になることです。そうした教員になるためには自ら意欲的に求める姿勢が大切です。京都光華の教職員や先輩たちは、学生の意欲に応えたいといつも願っています。

河原 聡子 教授

S.Kさん 3年生
長野県 私立伊那西高等学校出身

実践を通して教育現場で必要な力を身につけ、
子どもと真摯に向き合える教員になりたい。

教育についての理論的な学習や、指導法の実践的な内容など、先生方に密に指導いただき学びを深めています。指導法の授業では、各教科の専門の先生方からアドバイスを受け、クラスの仲間と意見を出し合って一つの授業計画を作成し、模擬授業を行います。意見を発表する機会が多いので、自分の考えを持ち、人前で話す力が身につきました。また、3年次には1カ月間の教育実習を体験。実際に子どもたちの前で授業を行う際に、大学での学びを生かせたと思います。京都光華の先生方はいつも私たち学生のことを気にかけ、丁寧に話を聞いてくださるので、私も先生方のように、子どもと真剣に向き合える教員になりたいです。