大学

医療福祉学科 言語聴覚専攻

実践力と豊富な医療知識を備えた
言語聴覚士へ

各専門職と連携しチーム医療に応えることのできる、ことばと聞こえ・食べることの障がいを支援するプロフェッショナルを育成します。臨床実習などを通して現場で活躍するプロから学びます。

学びのポイント

  • 学びPoint

    ことばと聞こえのプロフェッショナルである言語聴覚士を養成

    言葉や聞こえなどのコミュニケーション障がいや食べること(飲み込み)の問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士。医療、福祉、教育機関など幅広い領域で活躍できます。就業時間が規則的で女性が安心して働き続けられる職業です。

  • 学びPoint

    他学科との連携でチーム医療に応えるスペシャリストを育成

    医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキルを持った言語聴覚士を育成します。また、医療人として患者さんを支えるおもいやりの心を育みます。

  • 学びPoint

    現場のプロから学び、臨床現場での実習を体験

    現場で活躍する医師や現役の言語聴覚士が医学系講義や演習科目を教員として指導。医療・福祉の現場で生かせる実践力を養います。さらに武田病院グループなどの医療施設や老人保健施設などの実習先が充実。実践的に学ぶ環境が整っています。

  • 学びPoint

    ことばと聞こえのプロフェッショナルである言語聴覚士を養成

    言葉や聞こえなどのコミュニケーション障がいや食べること(飲み込み)の問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士。医療、福祉、教育機関など幅広い領域で活躍できます。就業時間が規則的で女性が安心して働き続けられる職業です。

  • 学びPoint

    他学科との連携でチーム医療に応えるスペシャリストを育成

    医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキルを持った言語聴覚士を育成します。また、医療人として患者さんを支えるおもいやりの心を育みます。

  • 学びPoint

    現場のプロから学び、臨床現場での実習を体験

    現場で活躍する医師や現役の言語聴覚士が専任教員として医学系講義や演習科目を教員として指導。医療・福祉の現場で生かせる実践力を養います。さらに武田病院グループなどの医療施設や老人保健施設などの実習先が充実。実践的に学ぶ環境が整っています。

取得可能な資格・免許状

言語聴覚士(国家試験受験資格)

主な就職先

総合病院

リハビリテーション専門病院

介護・福祉施設

教育機関

など

高まるニーズ

国家試験合格者累計(2016年3月現在)

言語聴覚士はリハビリテーションの専門職の中でも極めて人材が不足しています。

[引用:各協会および厚生労働省HP]

授業紹介

摂食嚥下障害学演習

食べることに障がいがある患者さんの検査評価方法やリハビリについて学びます。実際に食べものを使って食品の性質を学んだり、食事介助の実習を行ったりします。

聴覚障害学演習

検査者と被験者を学生同士が担い、実際に検査装置・測定装置を操作して聴覚検査技術や測定技術を習得します。検査方法だけでなく聴覚や補聴器の適合状態を評価する力も養い、実践力を高めます。

画像診断学演習

言語聴覚士に不可欠な画像診断の専門知識を学びます。医学検査や脳神経外科疾患、神経内科疾患の基礎知識を専門家から学び、認知症や失語症患者の基本的な脳画像を判読する力を身につけます。

実習の流れ

SWIPEしてご覧ください

言語聴覚士の仕事を
初めて体感する
1日見学実習 [11月]

1年次後期に臨床現場(病院など)で言語聴覚士の仕事を初めて見学。クラス全体で行う報告会で経験を共有し、言語聴覚士に必要な学びについて話し合います。

【言語聴覚士の業務】

話す・聞く・食べることに問題を抱える人の検査・指導・訓練などを専門知識を基に実施します。

専門知識を基に
演習科目で
実践力を高める

2年次では専門科目の講義で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの言語症状をおおまかに捉えること、訓練や指導の目的を考えることを目標に学習します。

【充実の設備】

訓練で使用する機器など、設備が十分に揃っているので、実践的に学ぶことができます。

知識を実践で試す
臨床実習(評価実習)
[2〜3月(4週間)]

訓練、指導を見学しながら、患者(利用者)さんの言葉や反応を記録する練習を行います。その後、授業で学んだ検査の実施や症状の評価を実践の場でトレーニングし、確かなスキルを身につけます。

訓練・指導プログラムを立て実践する
臨床実習(総合実習)
[6〜8月(8週間)]

評価実習で学んだ症状の評価方法を再確認し、その結果に基づいた訓練・指導プログラムを立案し、現場で実践します。さらに他職種との連携などチーム医療の最前線も学びます。

国家試験に向けたサポート

SWIPEしてご覧ください

グループ学習と個別指導による、一人ひとりに合わせた丁寧な学習指導

4年次の専門ゼミでは、通年でグループ学習と個別指導を併用した国家試験対策の授業を行います。グループ学習では、担当教員が出題傾向を分析して作成した問題を数多く解き、関連する事項についてもグループ内で共有しながら知識を深めていきます。また、3・4年次に計8回の模擬試験を実施し、その結果を基に一人ひとりの苦手分野に焦点を合わせた指導を行い、総合成績の向上を図り、国家試験合格へと導きます。

質の高い学びを提供するため、臨床現場で活躍する医師が専任教員として指導にあたっています。特に、言語聴覚障害学を学ぶ上で重要となる、脳や神経系の正常構造と機能について(全8回)、さらにその概説やさまざまな神経疾患および精神疾患の診断と治療について(全15回)など、医学系の科目が充実しています。プロの言語聴覚士として必要な専門知識をしっかりと身につけ、国家試験に十分対処できる実力を養成します。教員と学生間で質疑応答しながら進める双方向型授業で、難易度の高い科目についても分かりやすく学ぶことができます。

専門職として働くための意欲向上のために、第一線で働く若き言語聴覚士、チームを組んで共に働く仲間である理学療法士・作業療法士・看護師・管理栄養士などをゲストスピーカーとして招き、それぞれの専門職の意義や連携の大切さなどのお話を伺います。また、失語症リハビリ後、手芸や絵画で生き生きと自分を表現されている方からのお話や、聴覚障がいのある若者のサインダンスパフォーマンスなども見学。当事者の方と触れ合うことで、言語聴覚士として自らの将来像を具体的にイメージさせます。講義の最後には全員でディスカッションを行い、レポートにまとめ、学びを深めます。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

松田 芳恵 准教授

確かな実力養成と
国家資格取得を支援します。

習熟した知識や技量を基に、患者さんやご家族の気持ちを考えられる言語聴覚士の養成に力を入れています。臨床現場での実習を十分に行い、実践力を磨きます。全員が資格取得を果たすことができるよう、国家試験の勉強方法を一人ひとりにしっかりと教えていきます。

H.Yさん 3年生
静岡県 私立常葉学園高等学校出身

ことばの障害を持つ人の
不安を和らげたい。

専門性が高く難しい授業もありますが、映像教材を用いて先生が丁寧に解説してくださいます。演習が充実しており、病院実習もあるので、耳の検査やことばのリハビリに必要な知識や技術を実践的に習得することができます。障がいを持ち苦しむ人を支える言語聴覚士になりたいです。