大学

医療福祉学科 社会福祉専攻

医療、行政、子ども
幅広い分野で活躍できるソーシャルワーカーを目指す

地域住民、子ども、障がい者、高齢者など幅広い人々に寄り添いながら支援を行う福祉職を目指します。特に健康科学部共通科目など、医療系の科目が充実。医療ソーシャルワーカーの養成に力を入れています。

学びのポイント

  • 学びPoint

    プロ意識を持つ医療ソーシャルワーカーを育てる

    医療分野にも学びを広げ、看護師や管理栄養士、臨床心理士といった他の専門職と連携できる福祉職を育成。ニーズが高まるチーム医療を視野に、医療福祉に関する知識を育む豊富なカリキュラムで医療ソーシャルワーカーとして患者さんをサポートする力を身につけます。

  • 学びPoint

    特別な支援が必要な子どもに寄り添う保育士を養成

    障がい、被虐待、難病などにより特別な支援が必要な子どもたちやその家族に対応する専門的知識とスキルを修得するための保育士養成課程を設置しています。社会福祉士と保育士の両方の専門性を生かせる進路を目指します。

  • 学びPoint

    公務員(福祉職)を目指すための支援が充実

    公共的な場(行政機関)で地域住民に寄り添いながら支援を行う福祉職公務員を目指すため、目標に向けたガイダンス、正課科目(教養・専門試験対策)、個別指導、模擬試験、公務員試験対策講座などで合格に向けて強力にサポートしていきます。

  • 学びPoint

    プロ意識を持つ医療ソーシャルワーカーを育てる

    医療分野にも学びを広げ、看護師や管理栄養士、臨床心理士といった他の専門職と連携できる福祉職を育成。ニーズが高まるチーム医療を視野に、医療福祉に関する知識を育む豊富なカリキュラムで医療ソーシャルワーカーとして患者さんをサポートする力を身につけます。

  • 学びPoint

    特別な支援が必要な子どもに寄り添う保育士を養成

    障がい、被虐待、難病などにより特別な支援が必要な子どもたちやその家族に対応する専門的知識とスキルを修得するための保育士養成課程を設置しています。社会福祉士と保育士の両方の専門性を生かせる進路を目指します。

  • 学びPoint

    公務員(福祉職)を目指すための支援が充実

    公共的な場(行政機関)で地域住民に寄り添いながら支援を行う福祉職公務員を目指すため、目標に向けたガイダンス、正課科目(教養・専門試験対策)、個別指導、模擬試験、公務員試験対策講座などで合格に向けて強力にサポートしていきます。

取得可能な資格・免許状

社会福祉士(国家試験受験資格)

精神保健福祉士
(国家試験受験資格)※1・2

保育士資格 ※1・2

社会福祉主事(任用資格)

家庭相談員(任用資格)

児童指導員(任用資格)

知的障害者移動支援従業者
( ガイドヘルパー)

※ 1 定員があります(精神保健福祉士:10名、保育士:20名)。

※ 2 精神保健福祉士(国家試験受験資格)と保育士資格を同時に取得することはできません。

就職率 (2016年3月卒業生実績)

※就職率=就職者/就職希望者

卒業生の進路

  • 行政

  • 病院

  • 施設

行政(公務員 / 福祉職)勤務
(社会福祉士・精神保健福祉士)
人間関係学部 社会福祉学科 ※(2008年度卒業)
滋賀県 私立綾羽高等学校出身

他職種と力を合わせ、
支援の可能性を狭めず対応できるよう
心がけています。

京都光華の実習は、短期に詰め込まない「通年型実習」です。実習先で分からないことがあっても、先生に相談し解決してから次に臨めたのでしっかり身につきました。私は介護福祉士と合わせて「三福祉士」の資格を持っていますが、仕事はそれだけでは成り立ちません。肩書きにこだわらず「なんでもできる人」になってこそ信頼してもらえます。他職種と力を合わせ、支援の可能性を狭めず対応できるよう心がけています。

病院勤務
(社会福祉士・精神保健福祉士)
人間関係学部 社会福祉学科 ※(2012年度卒業)
徳島県立 小松島西高校出身

今後も相談者の思いに寄り添い
患者さんとご家族の皆さまが
希望を感じられるような
支援を心がけていきたいと考えます。

他機関からの入院相談や各種手続き、連絡・調整と仕事は多岐にわたります。精神科病院を初めて受診される方も多く、不安や緊張の中での来院になります。患者さんとご家族の皆さんに、少しでも安心していただけるような対応を常に意識しています。

社会福祉法人 嵐山寮
地域密着型特別養護老人ホーム ひろさわ 生活相談員
人間関係学部 社会福祉学科(2010年度卒業)
京都府立 城陽高等学校出身

「“笑顔”で人の役に立つ」
先生の言葉が福祉の仕事に
導いてくれました。

入学するまで具体的な将来の目標がなかったのですが、先生方や学科の仲間と出会い、夢を見つけることができました。先生に「あなたの持ち前の笑顔で人の役に立てる仕事もあると思うよ」とアドバイスいただいたことが将来の職業を考えるきっかけになったと思います。特に1年生のときに福祉先進国であるスウェーデンへ研修旅行に行き、現地の施設を見学した際、福祉の現場でいきいきと働く人々の姿を見て福祉の道に進もうと決めました。現在は生活相談員として、利用者さんやその家族の方との面談や送迎、事務作業などを担当しています。先生が気づかせてくれた、私の長所である「笑顔」を絶やさず、一人ひとりと向き合っていきたいと思います。

※ 学部・学科名は入学時のものです。

福祉職公務員を目指す学生への支援

都道府県や市町村が運営する施設(行政機関)において、地域住民に寄り添いながら支援を行う福祉職公務員へのニーズが近年高まっています。
※社会福祉士に必要な科目は福祉職公務員試験(地方公務員試験上級Ⅰ(福祉職))にも応用が可能なので効率的に学べます。

主な活躍の場

ケースワーカー / 公立社会福祉施設職員 / 精神保健福祉センター職員 / 公立保健所保育士 / 児童相談所職員 など

本学の支援体制

目標に向けたガイダンス / 正課科目(教養試験対策) / 正課科目(専門試験対策) / 個別指導と模擬体験 / 自主学習の支援 / 公務員試験対策講座

実習の流れ

SWIPEしてご覧ください

社会福祉士

複数資格取得を目指す場合…

精神福祉士

保育士

1年次

基盤となる学びや体験を
積み重ねます。

「社会福祉とは何か」を自分なりに理解し、「社会福祉の現場」について支援者の視点から理解することを目指します。

精神の不調で治療を受けた人の
社会復帰を援助する、
精神保健福祉分野で活躍できる
国家資格

福祉の専門知識と
スキルを兼ね備えた保育士に

2年次

実践力の習得に向けた
準備をします。

社会福祉の多様な領域、求められる基礎的な専門性について、講義や演習等の授業と社会福祉施設等での現場見学から学びます。

2年次

4年次の実習に向けて
基礎力を身につけます。

社会福祉の多様な領域、基礎的な専門性を授業と社会福祉施設や病院の見学などから学びます。

2年次

保育の基礎を学び
実習に備えます。

多彩な領域の社会福祉の専門知識とともに、子どもの保育に関わる基礎的な知識を身につけます。

3年次

8カ月間の通年型実習(相談援助実習)を通して実践力を養います。

支援が必要な人々の抱える問題、社会福祉士の業務、社会福祉施設などの現状について現場実習を通して理解を深め、実践力の獲得に努めます。

3年次

精神保健福祉分野の
学びを深め、専門知識を修得。

社会福祉士としての実践力を獲得する現場実習に並行して、精神保健福祉士課程の専門科目を履修。

3年次

10日間の保育実習で
乳幼児との接し方を修得。

相談援助実習を経て、2〜3月に10日間の保育実習を実施。乳幼児との関わりから、保育の実践力を培います。

4年次

これまでの学びを
資格取得に結びつけます。

現場実習での学びを踏まえ、4年間の研究の成果を論文にまとめます。社会福祉士国家試験合格を目指して国家試験対策に取り組みます。

4年次

病院と施設での実習で
実践力を養います。

現場で精神保健福祉士の役割と意義を学びます。実習後は国家試験対策に取り組みます。

4年次

2回の児童福祉施設実習で
保育と福祉の知識を応用。

児童養護施設や障がい児施設など2施設へ10日間ずつ実習に訪れ、子どもの福祉への理解を深めます。

3年次の5月上旬〜12月中旬、
週1日・約8カ月間

相談援助実習

高齢者を対象
特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、地域包括支援センター など

障がい者を対象
生活介護施設、就労支援施設 など

児童を対象
児童養護施設、母子生活支援施設 など

地域住民を対象
社会福祉協議会、独立型社会福祉事務所 など

4年次の6〜10月

精神保健福祉援助実習

医療機関
精神(精神科)病院、
精神科クリニック など

福祉施設
就労継続支援事業所、
地域生活支援センター など

3年次の2〜3月、10日間/
4年次の7・10月 各10日間

保育実習

保育所

児童養護施設

母子生活支援施設

障がい児施設

国家試験合格を目指す

国家試験に向けたサポート

SWIPEしてご覧ください

国家試験対策特別講義と社会福祉専門演習を連携させ、一人ひとりの個性と学習到達度に応じた細かな指導を実現しています。また、学外での国家試験対策講座や教員による復習講座を実施。さらに現役のプロとして活躍する卒業生から学習法や仕事の話を聞く機会を設定し、資格取得に向けたモチベーションの維持・向上を図っています。学生たちが卒業後の自分のキャリアを明確にするため、キャリア支援も含めた総合的なサポートを行います。

昨今、障がいや難病を抱える子ども、貧困、被虐待など、さまざまな困難を抱える子どもが増加しています。そういった子どもや家族への支援要請に対応できる保育士のニーズも拡大しています。本専攻では、病児・障がい児・被虐待児などを対象とした専門的知識とスキルを修得した保育士の養成課程を設置しています。(定員20名)

主な就職先

乳児院、児童養護施設 母子生活支援施設 / 障がい児施設 / 放課後等デイサービス / 児童厚生施設 / 保育園 など

※卒業後、保育士資格を生かして「医療保育専門士」資格の認定を目指すことができます。ただし、医療保育の実務経験が1年以上あり、日本医療保育学会会員である者を対象とした講習および論文審査が必要です。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

佐々木 勝一 教授

社会に暮らす人々の
幸せを築く力を育みます。

近年の社会的ニーズを受け、社会福祉支援の知識・技術を有した保育士の養成課程も設置しています。皆さんの「人が好きで、役に立ちたい」という心に、本専攻で学べる専門的な知識・技術を重ねて、社会とそこに暮らす人々のことを考える力を育みましょう。

M.Uさん 3年生
大阪府立 摂津高等学校出身

目標は“普段の幸せ”を守る
ソーシャルワーカー。

現場でしか学べない援助技術を身につけるべく奮闘中。実習で8カ月、社会福祉協議会に通っています。疑問や悩みは先生に相談し、解決しています。声に出せない思いや悩みを持つ人々の力になれるよう、普段の生活の中でも観察力を養い、成長していきたいです。