京都光華女子大学|人権啓発センター

ハラスメントの防止に向けて

京都光華女子大学・大学院・短期大学部は、学生、教職員の一人ひとりが心理的、身体的に安全かつ快適な環境で勉学に研究に専念し、充実したキャンパス・ライフを送ることのできる大学を目指しています。

そのためには、安全で快適な教育・研究環境を脅かすいかなる行為も黙認されるべきではありません。

キャンパスの中で、学部、学科、クラス、研究室など教育研究活動やサークル、クラブ活動などの課外活動、あるいはエクステンションセンターが行っている課外講座などの活動の中で、自由で幅広い人間関係をもつことが保障されなくてはなりません。

人間関係は、男女の間、同性の間すべてにおいても自由で対等な関係であり、互いに相手の立場を重んじることを前提としています。

皆さんが、充実したキャンパス・ライフを送ることができるよう、ハラスメントの防止について呼びかけたいと思います。

ハラスメントとは?

ハラスメントとは、「嫌がらせ」を意味します。誰かがあなたに対して、あなたが望まない言葉や態度により、屈辱や精神的苦痛を感じさせたり、不快な思いをさせたりすることです。大学という環境の中では、教職員が学生に対して、あるいは学生同士、教職員同士の間などで、自らの優位な地位や権限を利用して、逆らえない立場にある相手に対し、相手の意に反する性的な性質の言動、飲酒の強要、いじめ、研究妨害、および就学上の機会・条件・評価などの差別行為が、最も典型的なハラスメントといえます。

教職員には成績評価などの権限が与えられており、クラブ活動やゼミナールなどでは学生同士の間にも先輩と後輩、上級生と下級生の上下関係があるため、研究室、教室、部室など大学の外から見えにくい狭い空間は、ハラスメントが起きやすい環境にあるといえます。

なおハラスメントには以下のような種類があります。


セクシャル・ハラスメント アカデミック・ハラスメント
セクシュアル・ハラスメントとは、言葉、視線、行動等により、就学、教育または研究上の関係を利用して、教職員または学生が他の学生等に、相手の意に反する性的な性質の言動などを行うことです。さらにそのことによって相手に学業上で利益または不利益を与え、就学、教育および研究のための環境を悪化させることです。

アカデミック・ハラスメントとは、教職員などの権威的または優越的地位にある者が、その立場や権限を利用して、学生の学習意欲、研究意欲および研究環境を不当に阻害する結果をもたらす教育上不適切な言動または処遇を意味します。
たとえば…このような場合は、ハラスメントです!

執拗に身体に視線を送られ不快感を感じた。

一方的に身体に接近または接触された。

性的なからかい、冷やかし、中傷を受けた。

「女のくせに」のような性差別の言動をされた。

教職員に執拗にデートに誘われた。

嫌なタイプ、意見の合わない学生に対して、
指導を拒否したり、差別待遇をする。


特定の学生を特別扱いする。


正当な理由なく、文献、図書や機器類などを使わせない



授業中に「中学生並だ」と罵倒する。


その他にも

 学生のプライバシーを暴露する。

 就職活動において不利な扱いをする
(理由無く推薦を拒否するなど)。

 学生を私的な用事に使う。

ハラスメントを防ぐために

人間関係は、社会生活にとって最も重要なものです。
その人間関係を良好に維持するためには、相手の立場になって考えることが必要なルールといえます。
私たち一人ひとりが自分の言葉や行いを省みることが大切です。
あなたの言葉や態度を不快に感じている人がいるかも知れません。
「嫌だ。やめてほしい。」と言えない弱い立場の人の気持ちを思いやってください。
ハラスメントの加害者は懲戒の対象となります。

ハラスメントをなくすためには、“人を大切にする気持ち”が何よりも大切です。

ハラスメントの被害にあったら

あなたがハラスメントを受けたと感じたら、その行為が不快であること、すぐに止めてもらいたいことを、相手にはっきりと伝えてください。自分の態度をはっきり示すことが大切です。
意思表示をしても効果がないとか、意思表示をしたくてもできない場合は相談窓口に相談してください。
一人で悩まなくてもいいのです。
あなたが受けた被害を正確に伝えるには記録が最も良い方法です。被害を受けた日時、場所、状況について詳細に書き留めてください。誰か目撃者がいたらそれも書き留めておいてください。

ハラスメントに当たるか否かは、相手の意図ではなく、あなた自身がどう感じたかの判断が大切です。

「これはなかったことにする。」というようなことはしないでください。
我慢したり、放置したりしては、ハラスメントはなくならないのです。

ハラスメントの相談について

ハラスメントの被害にあったときの相談は、人権啓発センタートップページの窓口部署およびハラスメントに関する相談窓口の相談員、または人権啓発センターのメールフォームにて申し出てください。

どのような問題も、一人で抱え込まずに相談してください。プライバシーは守られます。
相談することであなたが不利になることは、決してありません。

“勇気を出して相談すること”これが問題解決の第一歩です。
相談することによって、問題が解決した事例は多くあります。




相談員あるいは相談員以外の教職員に相談します。


被害者の意向を受けて、調停か救済の設置をとります。


救済が必要でないときは調停がなされます。


調停がゆきづまって救済措置が申し立てられた時は、
防止小委員会に調査委員会を設置し、対処します。