こども教育学科

人を思い、社会に応える教員・保育者へ

教育・保育現場でおもいやりと慈しみの心をもって、一人ひとりの子どもを尊重し、個性を深く理解しながら、その良さを引き出せる教員・保育者の養成を目指します。

全国の教育・保育系志望の
皆様へのエール(第3報)

学校教育コース
特待生制度について

新着情報

一覧へ

コース紹介

矢印 矢印 コース共通

ページの先頭へ

学びの特徴

POINT 01おもいやりの心を育む

本学の建学の精神である仏教精神を理解し、おもいやりの心を持って子どもや保護者に寄り添いながら教育・保育を行える女性を育てます。宗教行事などに参加するとともに、「仏教の人間観」「仏教教育論」を必修科目にしています。

POINT 02豊富な実践と少人数教育

社会の動きを知り、社会が求めるものに応える教員・保育者を育てるため、1年次から併設する幼稚園・小学校で現場を豊富に体験し、子どもの実態や保護者の願いを常に知るように努めます。
さらに、これらの現場体験を、少人数のゼミで振り返り、理論と実践をつないで学びます。 加えて、インターンシップやボランティアを早い時期から取り入れ、学んだことを生かす機会を作っていきます。

光華幼稚園
光華小学校
京都光華中学校・高等学校

POINT 03「学校教育コース」と「幼児教育コース」の2コース制

幼児教育の視点を生かした「学校教育コース」、学校教育の視点を生かした「幼児教育コース」の2コースを設置することにより、それぞれのコースの良さを融合させながら、専門性を高めていくカリキュラムを用意しています。

POINT 04教育現場に精通した教員

長年にわたり教育・保育現場において教育実践に携わってきた教員が皆さんを指導します。多くの科目を専任教員が担当し、きめ細かな指導を行います。

POINT 05社会人として必須スキルも養成

教員や保育士には、豊かな教養とコミュニケーション能力、さらには他者と協働できるチームワークやリーダーシップなど、社会人として必須のスキルも求められます。本学科では、「日本文化の理解」や「日本語コミュニケーションⅠ・Ⅱ」、「ことばと文化」、さらに地域活動や環境問題など身近な問題を通して市民性を養う「シチズンシップ」、少人数で行うゼミ活動などを通して豊かな教養と社会人として必須のスキルを養います。

~今、教育現場が抱える課題~

幼稚園や保育所から小学校への移行期において、集団行動が取れない、授業中に座っていられないなどのケースが増加しており、 「小1プロブレム」と呼ばれています。また、同様に小学校から中学校への移行期においても、中学校での生活にうまくなじめず、 不登校などの問題に発展する「中1ギャップ」の問題が指摘されています。本学では、保幼小連携や小中連携の在り方を学習し、 これらの問題に対応できる能力を育成すべく、複数の免許を取得することを奨励しています。

ページの先頭へ

学生支援環境

教員・保育士を目指す学生をサポート「教職・保育職支援室」

本学科では、教育・保育実習の準備とともに、教員(小学校教諭・幼稚園教諭)・保育士採用試験対策や就職支援などを行うための専門部署として「教職・保育職支援室」を設置しています。専門のスタッフが常駐し、指導・支援を行う万全の体制を整えています。

好奇心がつながる「こども教育学科コモンズ」

本学科では、自らの疑問や課題に自主的に取り組むことを大切にしており、個人やグループでの自主的な学習に取り組めるコモンズを設置しています。コモンズは教員の研究室や教職・保育職支援室に隣接しており、友達と学び合ったり、先生や先輩と交流したり、皆さんの学びがつながる空間です。

自分らしい学び方を発見できる「学習ステーション」

本学には、全学部の学生が共通に利用できる学習ステーションがあります。学習ステーションでは専門の常駐スタッフとピアサポーター(上級生)、学習アドバイザー(教員)が皆さんの学習を全面的にサポートします。
大学での学び方や基礎学力の向上に向けたセミナー、さらには情報収集の仕方やプレゼンテーションのリハーサルなど、自分らしい学び方を発見できる空間です。

京都光華女子大学 学習ステーション

ページの先頭へ

学部長メッセージ

プロへの道は甘くはないですが、努力を積めば夢は実現できます。

「こども教育学部」は、平成27年度からスタートしました。この新設学部では、将来、小学校、幼稚園、保育所、幼保連携型認定こども園などで教諭、保育士、保育教諭などとして活躍することを目指している人たちに、必要とされる教養を土台として、教職・教科などに関する高度な専門的能力を発揮できるように懇切丁寧な指導を進めます。教育の道に志を抱いている全国の意欲的な高校生の方々が、ぜひ、京都光華女子大学のこども教育学部に進学されて「プロへの学びの充実感」を実感し、輝きのある人生を歩まれんことを! 学部長 若井彌一