2023.01.10

健康科学部が大きく変わります! ~看護福祉リハビリテーション学部(仮称)と健康科学部の2学部体制に~

京都光華女子大学では、2024年度に健康科学部の改組を予定しています。
本学はこれまで以上に地域社会に貢献できる大学となるべく、「健康・未来創造キャンパス」構想を掲げ、高い教育研究力を備えた医療・福祉専門職の人材養成拠点として、地域に開かれ、人に寄り添うキャンパスの実現を目指しております。 この構想を実現するため、健康科学部を再編し、健康栄養学科と心理学科で構成され、健康維持や未病・予防等の教育研究を主軸とする「健康科学部」と、あらゆる健康状態にある人々を支援することを目的とした教育研究ならびに、保健・医療・福祉専門職の人材養成を主軸とする「看護福祉リハビリテーション学部」(仮称・設置構想中)を新たに設置いたします。





●健康科学部
健康栄養学科と心理学科の2学科で構成される学部です。
人々のライフステージ、状態、志向に応じた「心と体の健康創り」を専門分野として、こどもから大人まで一人ひとりの健康づくり、疾病・フレイル予防に「栄養」「運動」「心理」の側面からアプローチした横断的な健康教育を実践します。

●看護福祉リハビリテーション学部(仮称・設置構想中)
福祉リハビリテーション学科(仮称・設置構想中)と看護学科の2学科で構成される学部です。
「医療の多様化、高度化、複雑化に対応する」医療専門職の養成に加え、「地域社会での暮らしを支える」福祉、看護及びリハビリテーション領域での専門職の養成を専門分野として、医療・介護・予防・生活支援が一体となって、さまざまな健康状態に合わせた自分らしい生活が実現できるように、専門職(看護職・福祉職・リハビリ職)の横断的な学びを実践します。
福祉リハビリテーション学科(仮称・設置構想中)には、社会福祉士養成課程、言語聴覚士養成課程に加えて、リハビリテーションで重要な役割を担う作業療法士の養成課程を新たに開設します。

▷作業療法専攻HPはこちらから

※記載の内容は現在計画中の予定であり、内容が変更される可能性がございます。ご承知おきください。