トップページ > 【終了いたしました】8/4(水)京都光華まちや特別講座 のご案内

【終了いたしました】8/4(水)京都光華まちや特別講座 のご案内

2021.07.06

こちらの講座は終了いたしました。ご参加いただきありがとうございました。

地域連携推進センターは、「富小路まちやキャンパス」において8月4日(水)に「京都光華まちや特別講座」を下記のとおり開催いたします。

今回は、このまちやキャンパスのお隣にあります「一子相伝京料理 なかむら」の中村元計氏にお話をいただきます。

光華女子学園「富小路まちやキャンパス」は、学園の教育研究分野をこの地から発信するとともに、地域の方との交流をとおして社会との接点を持てる拠点を目指しています。

 

とき:2021年8月4日(水)14時00分~15時00分

ところ:「富小路まちやキャンパス」(京都市中京区富小路御池下ル松下町136-1)

演題:「外国料理と比較した健康的な日本料理について

   ~老舗日本料理店が表す日常生活に生かせるポイント~」

講師:「一子相伝京料理 なかむら」中村元計氏

定員:先着25名 (事前申込制、要予約)

*ライブ配信の予定はございません

*感染症拡大の状況によっては、中止・延期となる可能性がございます。

 

申込:方法①申込専用ウェブサイトから必要事項を入力

https://docs.google.com/forms/d/1Rq7e3BKtFG7Qs-dhvoynKVk6psCAkEnEtmCx-Rw1MAE/viewform?

 

方法②地域連携推進センターウェブサイトのフォームから必要事項を入力 ⇒【お問い合わせ・お申し込み】

https://www.koka.ac.jp/crc/contact

 

問い合わせ:京都光華女子大学地域連携推進センター

075-325-5259(平日9時00分~17時00分)

chiiki@mail.koka.ac.jp

 

 

 

*「一子相伝 京料理なかむら

創業は江戸時代後期の文化文政の頃。若狭御食つ国からぐじやさば、かれいなどの京の公卿衆に供することを生業とした初代若狭屋清兵衛にさかのぼります。茶懐石の出張料理や名だたる旅館への仕出し料理を納めて歴史を重ね、10年以上連続「ミシュランガイド」三つ星を冠する老舗料理店。古い伝統に新しい創造を加味した一期一会のお料理を6代継承しています。

 

*中村元計氏(6代目主人)

1962年、京都府生まれ。大学卒業後、嵯峨嵐山の天龍寺で修行。24歳で生家に入り、お父様に一子相伝の味を習われました。和食がユネスコ無形文化遺産に登録される以前から、国内外において和食の普及に尽力。また店で料理を提供しながら、京都大学修士課程、龍谷大学博士課程で、「日本料理の油脂の役割」を研究。長年受け継がれてきた調理の感覚や数値で表せない勘を、経験を持って、科学的な根拠と知見をもとにご自身の料理を多角的に追究されています。