トップページ > 平成26年度 どうしてゴミを分別するの?

平成26年度 どうしてゴミを分別するの?

2014.11.07

gomi_kg01 gomi_kg02

光華幼稚園では、日常の保育の中で、環境の大切さについて知らせています。その中で、今、私たちにできることとして「ゴミの分別」に取り組んでいます。

全保育室にプラゴミ用ゴミ箱と一般ごみ用ゴミ箱を設置しています。年長児は分別が出来るのですが、年中児・年少児では、「プラゴミって何?」「どうして分けて入れないといけないの?」と疑問がいっぱいです。

 

そこで、分かり易くゴミ分別の大切さを伝えようと考え、11月7日、年中児が園庭に集まり、子どもたちの身近にある、画用紙・生鮮食品容器トレイ・ペットボトルのラベルを燃やして見せました。

画用紙は綺麗に燃えていくのに対し、トレイ・ラベルの方は「黒い煙がでた!」「へんな匂いがする!」「ぐちゃぐちゃになった!」とその違いにびっくりした様子でした。
先生の「全部同じゴミ箱に入れたら、一緒に燃やすことになるの。そうしたら、大変だよね。ダメだよね!ゴミは分けて入れよう」という話を真剣に聞いていました。自分の目で見たことで、ゴミの分別の大切さが理解できたようでした。今後、子どもたちが意欲的にゴミの分別をしてくれること期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です