2017年度

日本経済の指標と銀行等の貯蓄型金融商品を中心に学びました

2017年10月4日

「日銀短観」って、ニュースで聞いたことがありますが、これを正確に説明できる学生は案外少ないのではないでしょうか。日銀短観は、日本銀行が3ヵ月に1度、企業の経営者に会社の経営状況についてアンケート調査を行い発表するものです。その中で「業況判断DI」というのがあり、経営状況が「良い」か「悪い」かの割合を示します。

今回は、この他、「消費者物価指数(CPI)」「企業物価指数(CGPI)」「マネーストック統計」など、日本の景気を示す指標について学びました。