2019年度 KOKA☆オレンジサポーターズ

第5回KOKA☆オレンジサロンを開催しました

2019年7月22日

「第5KOKA☆オレンジサロン」を720日に本校で開催しました。

 

梅雨の時期に入り天候も不安定な中、30名以上の方にご参加いただきました。

今回も、右京区で活躍されているすこやか元気サポーターさんのご協力の下、オレンジサロンを開催することができました。

 

プログラムは、まず初めにマック小田のマジックショーから始まりました。利用者の方々も掛け合いにノリよく乗ってくださり、楽しんでいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サポーターの方々からは、介護予防としての「運動」と「脳トレ」を教えて頂きました。皆さん、笑いのなかにも真剣に取り組まれておられ、楽しみながらの良い運動となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動の後の休憩時間には、通常の和菓子よりも飲み込みやすいように作られた「やわらか和菓子」を提供しました。今回は、「わらびもち」を召し上がっていただき、「つるんと口の中に入って美味しかった」「甘さ控えめ、上品な味で美味しかった」などのお言葉を頂きました。

 

その後、本校の言語聴覚専攻の高井先生から『高齢者の「聴こえ」とその対応』について、お話しいただきました。なぜ高齢になるにつれ、「聴こえ」が悪くなっていくのかの説明や現在の自分の聴力が、どのくらいなのかを高い音を聞くことでチェックしていただき、実際に補聴器の装用を体験していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生からは、食べる力を保ち、鍛えるための「発声と嚥下体操」を参加者の方々とご一緒に実践しました。また、簡単にできる呼吸訓練として、ストローをコップの水の中に入れ、呼気でブクブク泡立てるブローイング法についても紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に発声練習を兼ね、夏にふさわしい「海」と「憧れのハワイ航路」を全員で合唱して、閉会となりました。

 

今回、参加していただいた皆さんのお話やアンケートで頂いた意見を参考に、これからもより良い「KOKA☆オレンジサロン」を目指していきたいです。

 

(言語聴覚専攻2UY

学まちコラボ事業認定式に参加しました

2019年7月9日

一昨年、昨年に続き、今年度の活動も大学コンソーシアムの「学まちコラボ事業」に採択していただき、京都市役所での認定式に参加しました。

認定式では、今年の抱負を述べた後に、門川大作市長から認定証を授与され、審査員をつとめてくださった先生方から、活動についてエールを送られました。

6月に行われた2次選考会では、3年生2名が今年の活動についてプレゼンテーションを行い、審査員の先生方からの質疑に対して奮闘して答えました。

その感想は下記です。

 

今回学まちコラボに参加して、とても緊張したの一言です。普段、学外で多くの人の前でプレゼンテーションするような機会がないため貴重な経験をしました。聞き手に沿ってスライドを作り、原稿を考え、練習をするということも自身のスキルアップに繋がったのではないかなと思います。

 また他の団体のプレゼンテーションを見ることで勉強になると共に、客観的な評価をすることができました。

授業では経験できない様々な刺激を受けたように思います。(言語聴覚専攻3K)

 

今年度も、地域の方々の協力を得て、オレンジサロンや出張イベントの運営に頑張って取り組みたいと思います。

出張☆オレンジサロン開催(嵐山寮さん)

2019年6月2日

オレンジサポーターズの活動で、養護老人ホーム「嵐山寮」さんにお邪魔して、出張イベントを行いました。
初めての嵐山寮さんへの訪問でしたが、30名ほどのご利用者の方々が参加してくださいました。

プログラム内容としては、マック小田のマジックショーを始めとし、体ほぐし運動、嚥下体操、歌、やわらか和菓子の説明と提供を行いました。 
最初のマック小田のマジックショーでは、光華にちなんだマジックもあり、利用者さんやスタッフの方々にも楽しんでいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、学生を中心に体ほぐしとして、茶つぼと脳トレ(歌に合わせて、左右の手で違う動きをする)を行いました。脳トレは初めての試みで、体を使い、なおかつ脳も使うので学生でも難しいのですが、楽しんでもらえてよい企画となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嚥下体操では、昨年の活動で作ったパンフレット「たべることとわたし」を配布し、パンフレットを見ながら学生がお手本となり、一緒に嚥下体操を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の歌は、「かえるの歌」「365歩のマーチ」をみなさんで歌いました。
「かえるの歌」では、輪唱を行いました。「365歩のマーチ」では、振り付けをつけてみなさんで楽しく歌っていただけました。利用者さんのとてもいい声を聞くことができました。

 

最後に、やわらか和菓子の提供を行いました。今回のやわらか和菓子は「ニッキの合わせ餅」でした。利用者さんに伺った感想の中には、「おいしかった」「甘すぎず、ちょうど良かった」など嬉しいお言葉をいただきました。

 

今回の出張オレンジサロンのアンケートで頂いた意見を生かして、これからもより良い「KOKA☆オレンジサロン」を企画していきたいです。

(言語聴覚専攻3K)

第4回KOKA☆オレンジサロン 開催

2019年5月18日

オレンジサポーターズの活動の一環である「第4回KOKA☆オレンジサロン」を518日に本校で開催しました。

初夏を思わせるような日差しの中、20名以上の方にご参加いただきました。
今回も前回と同様に、右京区で活躍されているすこやか元気サポーターさんのご協力の下、オレンジサロンを開催することができました。

恒例であるマック小田のマジックショーを始めとし、今回のオレンジサロンも「いつまでも好きなものを美味しく食べられるように」というコンセプトで進行しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

サポーターの方々からは自宅でできる簡単な「運動」と「脳トレ」を教えてくださいました。
笑いの絶えない良い雰囲気で、楽しく学ばせていただきました。

 

 

体や脳を使ったところで、休憩時間には通常の和菓子とは違い、さらに嚥下しやすい「やわらか和菓子」を提供いたしました。今回は「やわらか紫蘇もち」を召し上がっていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 



その後は作業療法士の堀先生から「フレイル」についてお話しいただきました。
要介護の手前であるフレイルの詳しいご説明や現在の自分はどの状態であるかをチェックしていただき、どのように予防すれば良いのかを教えてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 



学生からは食べる力を保ち、鍛えるための「発声と嚥下体操」を参加者の方とご一緒に実践いたしました。鍛えることでより飲み込みが楽になり、誤嚥を防ぐことができるということも説明させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後に発声練習も兼ねて、5月にふさわしい「ピクニック」と「こいのぼり」を全員で合唱して閉会となりました。

参加者の皆さんのお話や記入していただきましたアンケートをもとに、これからも「KOKA☆オレンジサロン」をより良いイベントにするべく、精進していきたいと思います。


(言語聴覚専攻3 H)