2018年度

各参加者がお気に入りの本と、次々回の読書会で課題図書にしたい本を紹介しました。

2018年10月13日

読書サークル・ビブリオフィリア、
後期の第1回目は、10月10日の水曜日組と13日の金曜日組に分かれて、
前期にも実施した「何でも読書会」を行いました。

「何でも読書会」とは、一人ずつお勧めの本を紹介して、
その魅力についてみんなでわいわい語り合う読書会です。

今回も小説を中心に、下記のような色々なお勧め本について語り合いました。

・清水茜『はたらく細胞』

・夏目漱石『坊ちゃん』

・ドリヤス工場『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』

・塩田武『騙し絵の牙』

・佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』

・ダニエル・キース『アルジャーノンに花束を』

・レーモン・クノー『文体練習』

・市川春子『宝石の国』

・瘤久保慎司『錆喰いビスコ』

・わかやまけん『しろくまちゃんのほっとけーき』

・ブロイスラー『クラバート』

ちなみに、2名から推薦があった『はたらく細胞』は言語聴覚学科のコモンズにも置かれていて、
医療系の基礎知識を理解するのに便利な楽しい本だそうです。みなさん、ぜひ読んでみてください。

 

お勧め本の紹介の後は、12月の読書会で読む課題図書をみんなで決めました。
水曜日組は、

・福澤諭吉、斎藤孝訳『現代語訳 学問のすすめ』

 

金曜日組は、

・カフカ『変身』

に決まりました。どちらも古典なので読み応えがありそうです。

 

次回は哲学書の読書会で、プラトンの『クリトン』を読みます。ぜひご参加ください!

 

インパクト単語帳を作りました

2018年10月10日

本日は、なかなか単語が覚えられないという初級チームみんなの意見から、
面白い絵を描いてインパクトのある単語帳を作ることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかハイセンスな単語帳が出来上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中級以上のチームは日常で使える文章を勉強し、実際に使ってみてムービーを撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も見返すことで覚えられたらいいなと思います。

 

 

 

KOKA☆オレンジサロンを開催いたしました

2018年9月8日

オレンジサポーターズの活動の一環として、
「第一回KOKA☆オレンジサロン」を本校で開催しました。

あいにくの雨でしたが、20名ほどの高齢者の方々が来てくださいました。

 

右京区で活動されている、すこやか元気サポーターさんと協力して、
今回のオレンジサロンは開催されました。

 

マック小田のマジックショーと、介護予防のお話を始めとし、
いつまで美味しく好きな食事をしたいというコンセプトの元、プログラムは進行しました。

 

サポーターさんは、運動と脳トレを教えてくださいました。
家でもできる運動と脳トレで、参加者の方から「勉強になった」という声をいただきました。

 

学生からは、「食べる・飲み込むのしくみ」を身体の機能を交えて説明しました。

さらに、昨年の活動で作成したパンフレット『食べることとわたし』を使って、
食べやすい食べ物、窒息した際の対処法などを説明しました。


パンフレットの中には、「のみこみクイズ(食べにくいものはどれ?)」といったクイズがあり、
参加者のみなさんと一緒に考えていきました。

 

休憩の時間には、昨年の活動より完成したやわらかお菓子をみなさんに食べていただきました。
今回は、しそ餅とみたらし団子です。

やわらかお菓子とは、餅と団子といった食べにくいお菓子を和菓子職人さんと協力して、
味や見た目はそのままで食べやすいようにやわらかくしたものです。

参加者の方からも「食べやすかった」「もっと違うやわらかお菓子がほしい」
というお声をいただきました。

 

最後に、「ふるさと」と「365歩のマーチ」歌って終わりました。
「ふるさと」は通常のとは違って、長く伸ばして歌うバージョンで発声練習を兼ねて歌いました。
やはり、歌は楽しくみなさん元気よく歌っておられました。

 

参加者のみなさんに、今回のサロンについてアンケートをしていただきましたので、
そのアンケートを生かして今後もより良い「KOKA☆オレンジサロン」を企画していきたいです。

(言語聴覚2年生 K)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー開発を行いました

2018年9月7日

7月2日(月)の試作での課題を踏まえ、メニュー開発を行いました。

「どうしたら売り上げが高まるか?」についても議論し、
原価、売価、利益率、プロモーションなどについても学ぶ機会となりました。
単品の展開にするか、組み合わせでの展開にするか、
お店のコンセプトもしっつかり考え、
マーケティングにつても勉強することが今後の課題です。

売上No1を目指し、メンバーの意欲が高まっています。

認知症カフェでのイベントに参加しました

2018年8月25日

夏休み中にオレンジサポーターズの活動として、
認知症カフェ「おれんじ庵金閣」さんにて開催されたイベントに参加しました。

わたしたちはそこでマジックや体ほぐし、歌、やわらか和菓子の紹介と提供を行いました。

最初にマック小田がマジックショーを披露しました。
来られている方々だけでなくスタッフの皆さんにも楽しんでいただけました。

次に学生を中心として、体ほぐしを行いました。
内容は手遊びや風船バレー、まき笛といった体を動かしたり、
息を吹く力を使ったりした遊びです。

中でも風船バレーは白熱し、よい企画となりました。

 

歌の時間では、「われは海の子」「浜辺の歌」といった
季節の歌を参加者の皆さんとわたしたちで歌いました。
皆さんとても大きく、はっきり歌ってくださり、元気をもらいました。

 

最後に、わたしたちが持ってきたやわらか和菓子を
参加している皆さんに食べてもらいました。

今回提供したのはヨモギ団子でしたが、
配布したアンケートには他にもいろんなやわらか和菓子を食べてみたいとの声もありました。

別のイベントのアンケートからも同じような意見をいただいているので、
今後もやわらか和菓子の取り組みに力を入れていきたいです。

(健康栄養2年生 F)