2018年度

前期の総復習&お疲れ様会をしました

2018年8月9日

本日は、前期最終回なので総復習をしました。

毎週の単語テストで少しずつ語彙力は増えていますが、
勉強してきた文法を使って話すのはまだまだ難しいようで…、
復習を通して話せるようになることを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、みんなで韓国冷麺とパッピンス(小豆のかき氷)
を作って前期のお疲れ会をしました。
勉強の後は、息抜きも大事ですね。前期お疲れ様でした!

マルチ勉強会の開催、あかね祭出店への向けてのミーティングと試作

2018年8月2日

週1回の定期的な活動は、
「なりたい自分になるための勉強会」の開催です。

「TOEIC700点を目指す」を目標に掲げ、
7月22日のTOEICの試験を照準に合わせました。

予習→勉強会→復習→予習のサイクルで活動を行っています。

また、7月2日(月)は、あかね祭への出店を目指し、
ターゲット設定、販売戦略を考え、メニュー考案、試作を行いました。

売上No1を目指し、メンバーの意欲が高まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーの青野さんの著書『わたし“前例”を作ります』について質疑や討論を行いました

2018年7月13日

今回のビブリオフィリアは、
メンバーの言語聴覚士専攻2回生・青野浩美さんが出した本
わたし“前例”を作ります
を読む読書会を2回にわたって実施しました。

青野さんは、光華で学びながら気管切開を乗り越えて
ソプラノ歌手の活動をされているプロの歌手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書会では、本を読んで印象に残った箇所や感想をみんなで共有したあと、
患者に対する医療者のコミュニケーションのあり方や、
青野さんが普及活動をされている「医療的ケア」の問題などについて質問があり、
活発な議論が起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本の著者に直接質問できる貴重な機会に、
メモをとりながら真剣に青野さんの言葉に耳を傾けるみんなの姿が印象的でした。

 

最後は全員で青野さんの周りに集まって記念撮影。
参加者にも青野さんにもたくさんの学びがある、とっても有意義な会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第7回目の活動を実施しました

2018年6月27日

学生広報プロジェクトチーム「AneMone」第7回目の活動を実施しました!!

 

今回は、これから“取材をして記事を作成していくために必要なことは何か”
“どのような質問項目を取り入れるべきなのか”について意見交換を行いました。

 

まず、取材(インタビュー)をする際に、
大切なことは何かについて全員で意見を出し合いました。

意見を出し合う中で、“相手の緊張をほぐす”ことや“信頼関係を築く”ことで
相手の色んな一面を引き出していくことが大切なんじゃないかという意見が多くありました。

 

そこで、初対面の人やあまり面識のなかった人へ取材をする時に、
緊張をほぐすための方法を考えた結果・・・

“アイスブレイク”を活用してみよう!となり、
実際に全員でアイスブレイクを実践してみました。

今回の“アイスブレイク”は、
2人ペアとなり相手のことを30秒間褒め続けるといった内容で実施しました!!

最初は恥ずかしがっていた学生たちも、
相手の良い面を探して、褒め合うことを繰り返すうちに
笑顔がどんどん増えていきました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな工夫をしながら、
皆さんに京都光華の魅力をお伝えしていけるよう頑張っていきます!

また、学生広報プロジェクトチームの中でペアをつくり、
ペア同士で取材をし合い記事にまとめることを、次回までの宿題としています!!

 

どんな記事が出来上がってくるのか、楽しみです!!!

第2章「リスク管理」損害保険の基礎,火災保険,地震保険,自動車保険,傷害保険など

2018年6月26日

6月18日(月),大きな地震が大阪北部を中心に襲いました。
このため,この学Boooも先週はお休みとなりました。
現在でも,特に,高槻や茨木方面にお住まいの方々は
地震の事後処理等で大変な思いをされていることと思います。

地震から1週間明けた今回の学Boooでは地震保険について学びました。
地震保険は,単体で入ることができず,
火災保険の「特約」として加入するものです。
対象事故は,地震の他,噴火,津波による損壊・火災なども含まれます。
また,住居のみ対象となる保険となります。

正しい,保険の知識を身につけて有事の際に備えたいものです。