2019年度

第1回「なんでも読書会」を行いました。

2019年6月6日

今年度、第1回目の「なんでも読書会」を行いました。「何でも読書会」とは、一人ずつお勧めの本を紹介して、その魅力について語り合う読書会です。今回も、下記のような色々なお勧め本について語り合いました。

・ジュード・スチュアート『色と意味の本—明日誰かに話したくなる色のはなし―』

・東野 圭吾『ナミヤ雑貨店の奇跡』

・岩谷 美苗『散歩が楽しくなる樹の手帳』

・上橋 菜穂子『獣の奏者』

・ONE『ワンパンマン』 

・神谷 美恵子『生きがいについて』

・沖田 ×華『透明なゆりかご』

・D『ファンタスティック・サイレント』

・藤まる『時給三〇〇円の死神』

・茂木 大輔『オーケストラ楽器別人間学』

まさに読んだことがない本は読みたくなる。読んだことある本ももう一度読み返したくなる楽しい会でした!

お勧め本の紹介の後は、7月の読書会で読む課題図書をみんなで決めました。前期の課題図書は山極寿一『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』です。

次回の活動は、6月22日(土)「自然の中で本を読もう in 植物園」です。お天気になりますように!

 

 

出張☆オレンジサロン開催(嵐山寮さん)

2019年6月2日

オレンジサポーターズの活動で、養護老人ホーム「嵐山寮」さんにお邪魔して、出張イベントを行いました。
初めての嵐山寮さんへの訪問でしたが、30名ほどのご利用者の方々が参加してくださいました。

プログラム内容としては、マック小田のマジックショーを始めとし、体ほぐし運動、嚥下体操、歌、やわらか和菓子の説明と提供を行いました。 
最初のマック小田のマジックショーでは、光華にちなんだマジックもあり、利用者さんやスタッフの方々にも楽しんでいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、学生を中心に体ほぐしとして、茶つぼと脳トレ(歌に合わせて、左右の手で違う動きをする)を行いました。脳トレは初めての試みで、体を使い、なおかつ脳も使うので学生でも難しいのですが、楽しんでもらえてよい企画となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嚥下体操では、昨年の活動で作ったパンフレット「たべることとわたし」を配布し、パンフレットを見ながら学生がお手本となり、一緒に嚥下体操を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の歌は、「かえるの歌」「365歩のマーチ」をみなさんで歌いました。
「かえるの歌」では、輪唱を行いました。「365歩のマーチ」では、振り付けをつけてみなさんで楽しく歌っていただけました。利用者さんのとてもいい声を聞くことができました。

 

最後に、やわらか和菓子の提供を行いました。今回のやわらか和菓子は「ニッキの合わせ餅」でした。利用者さんに伺った感想の中には、「おいしかった」「甘すぎず、ちょうど良かった」など嬉しいお言葉をいただきました。

 

今回の出張オレンジサロンのアンケートで頂いた意見を生かして、これからもより良い「KOKA☆オレンジサロン」を企画していきたいです。

(言語聴覚専攻3K)

今年度の学Boooがスタートしました!

2019年5月31日

今年度の学Boooがスタートしました。

新しいメンバーを迎え、ピアノに親しんでくれる学生が増えることを嬉しく思っています。

小さいころに少し習っていたという学生、全く初めての人、そこそこ弾けるが我流でやってきて少し行き詰まりを感じている学生、保育士になりたい・・・など、レベルも目的も人それぞれ。

個人レッスン対応で、学生のレベルや目標に合わせていきたいと思っています。

ピアノを通して、学生生活や今後の人生が豊になるよう願っています。

 

高次脳機能障害者支援施設つむぎを訪問しました。

2019年5月22日

今までは教員が一緒に行っていましたが、今回から学生だけで行かせていただきました。
以下は学生の感想です。

 

「利用者さんや職員が温かく迎えてくださいました。
ダンス(恋するフォーチュンクッキー)が盛り上がるか心配でしたが、
座ってできる振りつけを私たちが利用者さんに教え、最終的にみんなで楽しむことができました。
初めは、私たちが緊張していましたが、レクリエーションをやっていくうちに気持ちがほぐれて、
利用者さんが楽しそうでよかったと思いました。

 

 

第4回KOKA☆オレンジサロン 開催

2019年5月18日

オレンジサポーターズの活動の一環である「第4回KOKA☆オレンジサロン」を518日に本校で開催しました。

初夏を思わせるような日差しの中、20名以上の方にご参加いただきました。
今回も前回と同様に、右京区で活躍されているすこやか元気サポーターさんのご協力の下、オレンジサロンを開催することができました。

恒例であるマック小田のマジックショーを始めとし、今回のオレンジサロンも「いつまでも好きなものを美味しく食べられるように」というコンセプトで進行しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

サポーターの方々からは自宅でできる簡単な「運動」と「脳トレ」を教えてくださいました。
笑いの絶えない良い雰囲気で、楽しく学ばせていただきました。

 

 

体や脳を使ったところで、休憩時間には通常の和菓子とは違い、さらに嚥下しやすい「やわらか和菓子」を提供いたしました。今回は「やわらか紫蘇もち」を召し上がっていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 



その後は作業療法士の堀先生から「フレイル」についてお話しいただきました。
要介護の手前であるフレイルの詳しいご説明や現在の自分はどの状態であるかをチェックしていただき、どのように予防すれば良いのかを教えてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 



学生からは食べる力を保ち、鍛えるための「発声と嚥下体操」を参加者の方とご一緒に実践いたしました。鍛えることでより飲み込みが楽になり、誤嚥を防ぐことができるということも説明させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後に発声練習も兼ねて、5月にふさわしい「ピクニック」と「こいのぼり」を全員で合唱して閉会となりました。

参加者の皆さんのお話や記入していただきましたアンケートをもとに、これからも「KOKA☆オレンジサロン」をより良いイベントにするべく、精進していきたいと思います。


(言語聴覚専攻3 H)