2019年度

後期の活動がはじまりました

2019年9月26日

後期初回となる今回は、後期の活動内容と実施スケジュールを以下のように決定しました。

・10月23日(水)13時〜「図書館企画の選書ツアーに参加しよう!」

・10月30日(水)昼休み「学生に読んでほしい本インタビューの報告」

・11月13日(水)2限 「図書館の本の中で自分のおすすめ本を紹介しよう」(ポップも書いてみよう!)

・12月 日にちは未定 「○○を読もう!」

後期は、まず、10月23日に図書館企画の選書ツアーに参加したいと思います。そして、10月30日は、身近な先生におすすめの本を聞いて報告する会を行います。

ビブリオフィリアは途中参加大歓迎です。お待ちしています!

「出張KOKA☆オレンジサロン」を開催しました

2019年8月30日

8月27日に「訪問看護ステーションにしお」さん、
8月30日に「コミュニティサロンいきいき」さんにお邪魔して、
「出張KOKA☆オレンジサロン」を開催しました。

 

「訪問看護ステーションにしお」さんでは、最初は二人一組になって数分間の交流をした後、交流をした相手のことを紹介する、『隣の人紹介』をしました。
和気あいあいとした交流の時間を過ごすことができ、良い企画となりました。

次に体ほぐしとして、茶つぼの手遊びと紙風船バレーを行いました。
私は茶つぼを前に立って説明し、皆さんと一緒にやりました。
緊張しましたが、皆さんの「できて嬉しい」「難しかった」などの感想を聞くこと、笑顔を見ることができ、とても嬉しかったです。

紙風船バレーは白熱し、楽しんでいただくことができました。

その後、おいしく食べる力を保ち、鍛えるための嚥下体操を参加者の皆さんと一緒に実践しました。

また、簡単にできる呼吸訓練として、ストローをコップの水の中に入れて、息を吹いてブクブクと泡立てるブローイング法についてもご紹介しました。
ブローイング法では長さと太さが異なる2種類のストローを使って、どのような違いがあるのかを体感していただきました。

そして、発声練習を兼ねて「海」と「憧れのハワイ航路」を全員で合唱しました。
私が担当した「海」の合唱では、呼吸の力を鍛えるために歌詞の最後を長く伸ばして歌いました。
皆さん明るく、楽しそうに歌っておられて、私自身も楽しく歌うことができました。

最後にやわらか和菓子(やわらかしそ餅)を提供しました。
皆さんから「食べやすくて良い」「甘過ぎなくて美味しい」などの嬉しいをお言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コミュニティサロンいきいき」さんでは、オレンジサロンで恒例のマック小田のマジックショーを行い、皆さんに参加していただくマジックがたくさんあり、楽しんでいただけました。

次に、嚥下体操・ブローイング法、その後、発声練習を兼ねてことば遊びと歌の合唱をしました。

ことば遊びでは私が前に立って説明し、「かっぱ」と「ことこ」を手拍子に合わせて全員でリズム良く言いました。
ことば遊びでは「言えて良かった」「早口言葉みたいで難しかった」などの感想を聞くことができ、盛り上がりました。

歌は「ふじの山」と「憧れのハワイ航路」を合唱しました。
歌の合唱では皆さんが笑顔で歌ってくださり、私も笑顔で歌うことができました。
どちらも全員で楽しんで行うことができ、嬉しかったです。

 

言語聴覚専攻1年 N

就労支援B型事業所「トークゆうゆう」を訪問しました

2019年8月9日

(参加学生1)

三田市の「トークゆうゆう」へお伺いしました。

2年前の4月に行われた新入生一泊研修で、まだ入学して間もない私たちを温かく迎えてくださった、失語症を持つ方々です。

一泊研修でもお会いしている、ある方に言われたことが印象に残りました。
「あの時は、学生さん、ほとんど喋らなかったよね。でも今日は、いっぱい喋ってる。」と言われたのです。
「正直、この学生さんたち大丈夫かな?と思った。」とのことでした。
一泊研修のときの私たちは、失語症というものがどういうもので、どのようなことに配慮しながら話せば良いのかを全く知りませんでした。
入学したばかりの緊張もあり、活発な発言は全くありませんでした。

そんな私たちも3年生になりました。自分たちでは、成長しているかはほとんど実感できません。
しかし、今回の訪問で、2年ぶりにお会いした方に成長を認めてもらえた気がしました。
私たちは今、目の前の実習や国試のために頑張っています。
でも、その先には、私たちがSTとして関わるであろうたくさんの方がおられます。
それも見据えて、今、しっかりと勉強しないといけないと強く思いました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(参加学生2)

トークゆうゆうでは、当事者の方とフリートークをさせていただきました。

当事者の方が作られた作品をたくさん見せていただき、細かい作業部分が見られ、感動しました。
失語症の方は、右脳が活性化すると聞いたことがあったので、こういう事なんだと実感しました。

フリートークは、自分から引き出すのが難しく、まだまだ未熟だと感じました。
当事者の方の好きな事などを話すことで、自らたくさん話してくださったり、お話を膨らませることができたりすると学んだので、実習に向けてコミュケーション力をつけるために、自分から沢山話しかけていきたいと感じました。

動画のコンテ確認と進捗状況の確認

2019年7月31日

7/31締切の動画コンテストに応募することを目標に、メンバー3人が取り組んでいました。

テーマは「again」。

作成したコンテをライフデザイン学科の卒業生で動画制作が得意な先輩がチェックにきてくれることになりました。

しかし、動画撮影・編集までは時間オーバーとなり、今回は応募することができませんでした。

 

8/3オープンキャンパスでライフデザイン学科の模擬挙式が開催されます。
その動画を撮影し、編集の練習をすることにしました。

 

第5回KOKA☆オレンジサロンを開催しました

2019年7月22日

「第5KOKA☆オレンジサロン」を720日に本校で開催しました。

 

梅雨の時期に入り天候も不安定な中、30名以上の方にご参加いただきました。

今回も、右京区で活躍されているすこやか元気サポーターさんのご協力の下、オレンジサロンを開催することができました。

 

プログラムは、まず初めにマック小田のマジックショーから始まりました。利用者の方々も掛け合いにノリよく乗ってくださり、楽しんでいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サポーターの方々からは、介護予防としての「運動」と「脳トレ」を教えて頂きました。皆さん、笑いのなかにも真剣に取り組まれておられ、楽しみながらの良い運動となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動の後の休憩時間には、通常の和菓子よりも飲み込みやすいように作られた「やわらか和菓子」を提供しました。今回は、「わらびもち」を召し上がっていただき、「つるんと口の中に入って美味しかった」「甘さ控えめ、上品な味で美味しかった」などのお言葉を頂きました。

 

その後、本校の言語聴覚専攻の高井先生から『高齢者の「聴こえ」とその対応』について、お話しいただきました。なぜ高齢になるにつれ、「聴こえ」が悪くなっていくのかの説明や現在の自分の聴力が、どのくらいなのかを高い音を聞くことでチェックしていただき、実際に補聴器の装用を体験していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生からは、食べる力を保ち、鍛えるための「発声と嚥下体操」を参加者の方々とご一緒に実践しました。また、簡単にできる呼吸訓練として、ストローをコップの水の中に入れ、呼気でブクブク泡立てるブローイング法についても紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に発声練習を兼ね、夏にふさわしい「海」と「憧れのハワイ航路」を全員で合唱して、閉会となりました。

 

今回、参加していただいた皆さんのお話やアンケートで頂いた意見を参考に、これからもより良い「KOKA☆オレンジサロン」を目指していきたいです。

 

(言語聴覚専攻2UY