2013年度

【5月】活動報告

2013年6月21日

《担当教職員より》
本学保健室の岡村一枝先生のお話は、教育者としての小学生への説明や対応にあふれ、豊富な事例に学生はどんどん引き込まれていきました。笑顔一杯、生き生きと語る姿は、30数年の養護教諭で蓄積された技そのものでした。
学生には、かなり高い目標ですが、自分が目指したい養護教諭のモデルを得ることができたのではないでしょうか。今日の気持ちを忘れずに、仲間とともに進んでいってほしいものです。


《学生より》
5月29日の岡村先生は、長年、京都市の養護教諭として勤務されました。とても魅力的な、何事にも積極的でパワフルでした。受け身な私には、びっくりしたところが多いです。
先生は「何事も経験、何事もやってみないと分からない、何でもやってみよう」と話されました。口だけでなく、有言実行で仕事をされた岡村先生の言葉だと感じました。
いろんな体験をして人の気持ちを考えられるような大人、また養護教諭になりたいです。

岡村先生様子(5