2017年度

夏休みの思い出を韓国語で披露!&文化祭の準備

2017年10月12日

後期が始まり、久々に顔を合わせたので夏休みの思い出を韓国語で発表しました。

旅行に行ったり、勉強したりとそれぞれの夏休みを楽しんだようで何よりです。

 

 

2週目は、あかね祭で行う韓国語講座の練習をしました。

今年のあかね祭では、ドラマで学ぶ韓国語やK-POPで学ぶ韓国語など学生が講義をします。その講義の為に、夏休みの間内容を考え練習をしてきました。

 

3週目は、留学生歓迎会の内容を考え準備をしました。

おもてなしの内容は、茶道を披露したり、手話ダンスを披露したり、日本料理を作ってプレゼンしたりなど、ほかにもメンバーの特技を生かした内容になっています。

 

また、前期からやっているテキストも進めていきました。

初級は鼻音化に関して詳しく勉強し、中級は発音の変化を復習してから発音練習をしていきました。

あかね祭の内容検討、試作作りをしました

2017年8月3日

7月の4回ミーティングで、あかね祭のテーマを決定するところまで決まりました。テーマは「芋カフェ」(仮称)です。

メニュー候補として

・安納芋かき氷

・安納芋たこ焼き

・スイートポテト

などです。

そのため、8/3に試作を作りました。

イメージをふくらませることはできましたが、商品として成立するか、予算内でおさまるか、など検討事項も見つかりました。

チームで一つものを作り上げる楽しさも感じられる活動でした。

映画「ニューシネマパラダイス」を視聴しました

2017年7月28日

第4回のこの学Boooとしては最後の作品視聴は先生大推薦の「ニューシネマパラダイス」でした。先生によると先生が大好きな作品でラストシーンがたまらない作品だそうです。早速視聴開始、今回はところどころで先生の解説が入ります。最初に紹介されたのは、この映画の音楽は絶対に聴いたことがある!でしたが、確かに、再現VTRの回想シーン等でよく使われる音楽でした。映画はイタリアのシチリア島の小さな映画館が舞台です。その1950年代、映画が娯楽の王様だった頃の映画好きの少年と映写技師の友情を中心に描かれ始めた作品は、やがて青年になった主人公の恋愛、そして…大人になり映画監督になった主人公の元に映写技師の死が知らされます。久しぶりに帰ったふるさと、そして、映写技師が残した遺品。先生のいう通り、ラストは涙なくして見ることはできませんでした。今回も前回同様、ラスト前で映像を止めてラスト予想をしましたが、誰も当たりませんでした。視聴後派、先生からどこにネタフリがあったか、そして、この作品はもともとあと40分ほど長い作品があり、途中のストーリーがさらに詳しく描かれていることも教えてもらいました。話を聞くうちにそちらの作品も見たくなりました。これこそが先生の言う芋づる式視聴でなんですね。

第4章「タックスプランニング」に入りました

2017年7月23日

私は今アルバイトをしていますが、両親から、「年間の給与収入は103万円を超えないでね」と言われたことがあります。税金の関係らしいのですが、今日の学Boooでこの意味を詳しく知ることができました。つまり、こういうことです。

 私は今、お父さんの扶養家族になっています。従って、扶養控除が発生し、お父さんの収入に対する控除額が上がる、すなわち、課税額が少なくなっているのです。しかし、私の収入が103万円を超えると、私はお父さんの扶養から外れてしまうので、お父さんの控除額が下がる、すなわち、課税額が多くなるのです。

 日本国民は税金を払う義務があります(納税の義務)。ただ、これまでの私は、消費税に代表されるように、「義務だから払う(仕組みはよく分からない)」でした。しかし、今回の学Boooを通じて、何に対してどれだけ課税されているのかを詳しく知ることができました。

第4章「タックスプランニング」に入りました

2017年7月21日

所得とは、個人が得た総収入金額から必要経費を差し引いたものです。税金は、この所得に対して課税されます。なお、日本は所得が多いほど課税額が多くなる超過累進課税制度を採用しています。

 今回のこの所得の種類について学びなした。所得には、利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・譲渡所得・一時所得・退職所得・山林所得・雑所得の全部で10種類があります。そして、これらの所得については、所得を算出する際の数式がそれぞれにあります。

 今回一番印象に残ったのが、「日本は何をやっても課税される」ということです。例えば、株や投資信託で配当を得ても課税、預貯金で利子が付いても課税、何かものを譲渡しても課税、給与はもちろん課税、課税、課税、課税…

 ただ、これらの税金は、福祉・国防・建設など、私たちの生活に還元されていると別の科目で勉強したもの覚えています。税金とは、私たちが社会で暮らしていくための「会費」のようなものなのかもしれません。